竹中工務店、「400/430 California Street」を取得

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 竹中工務店、「400/430 California Street」を取得

竹中工務店、「400/430 California Street」を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月29日 02:00

米国にて不動産を取得
竹中工務店は、12月22日、米国不動産会社KENNEDY WILSON社と共同で設立した米国現地法人「400 California LLC」を通じ、サンフランシスコ市内のオフィス物件「400/430 California Street」を、12月14日付けにて取得したことを発表した。

同社グループは海外不動産事業として、3件のホテル物件を米国に、また3件のオフィス物件を米国、英国に所有。今回の取得で、海外所有物件は7件目となった。

「400/430 California Street」の概要
この物件は、サンフランシスコ市金融街の中心部であるカリフォルニアストリート沿いに位置。

歴史的な保存建造物に指定されている、地上1階建ての銀行店舗棟は1908年に、一方、地上19階建てのオフィス棟は1965年にそれぞれ竣工している。

改修工事後に賃貸オフィスとして
同社は、今後、前所有者でビル全体を使用する米国の大手金融機関MUFGユニオンバンク社に一定期間リースバックする予定だ。

その後、改修工事を実施。再度、賃貸オフィスとして事業化を進めていく方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

竹中工務店 プレスリリース
http://www.takenaka.co.jp/news/2016/12/03/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る