鹿島、安全かつ迅速にシールド機内側からディスクローラーカッターの交換技術を開発

更新226

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 鹿島、安全かつ迅速にシールド機内側からディスクローラーカッターの交換技術を開発

鹿島、安全かつ迅速にシールド機内側からディスクローラーカッターの交換技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月22日 15:00

ディスクローラーカッターを安全かつ迅速に交換
鹿島建設株式会社は12月21日、ディスクローラーカッターをシールド機内側から安全かつ迅速に交換する技術を開発した、と発表した。

ディスクローラーカッターは、主に岩盤や巨礫・玉石混じり地盤などの掘削に使われる。

この交換技術は、鹿島が2002年に開発した、人が切羽に出ることなく、交換場所も限定されることなく、補助工法なしで何回でもシールド機のカッターを交換できる工法「リレービット工法」の適用範囲を拡大する技術である。

大幅な工事期間の短縮と工事費の縮減が期待できる
近年、長距離・硬質地盤・大深度・高水圧下におけるトンネル工事のニーズが増大し、高速施工を行うシールド工事が求められている。実現するためには、大型のディスクローラーカッターを、安全かつ迅速に任意の場所で交換する技術が必要である。

しかし、耐久性・止水性・作業安全性を満足する、ディスクローラーカッターの交換技術を使った施工実績はなかった。

鹿島は、川崎重工業株式会社の協力のもと、カッター交換時にかかるカッターホルダーへの負荷を最小限に抑えるため、既存のカッター交換技術「カッターホルダースライド方式」を採用し、ディスクローラーカッターの交換技術を開発した。

開発した交換技術により、最大深度約100m・最高水圧約1MPaの大深度・高水圧下の硬質地盤でも、作業者による補助工法を必要とせず、シールド機内側から安全にディスクローラーカッターの交換を行うことができる。

1日に約4箇所のディスクローラーカッターを交換することが可能で、従来の方法と比較して大幅な工事期間の短縮と工事費の縮減が期待され、またシールド機の掘進停止リスクも回避できる。

実証実験において所定の成果を確認
川崎重工業播磨工場において、最大深度約100m・最高水圧約1MPaを疑似的に満たした条件下で、実物大のディスクローラーカッターを用いて交換技術の実証実験を行った。

ディスクローラーカッターの切削力に相当する荷重を10万回繰り返し、カッター交換を行い、所定の耐久性・止水性・作業安全性を確保していることを確認した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島建設株式会社のプレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201612/21c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る