伊藤忠商事、ドイツ最大級洋上風力発電事業をスタート

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 伊藤忠商事、ドイツ最大級洋上風力発電事業をスタート

伊藤忠商事、ドイツ最大級洋上風力発電事業をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月21日 21:00

クリーン電力供給に貢献
伊藤忠商事は、12月20日、香港にて海外投資に取り組むCITIC Pacific Ltd.(以下、CITIC Pacific)と共同で、ドイツ・ブーテンディーク洋上風力発電所の権益22.5%を取得し、事業に出資参画することを明らかにした。

ドイツは2050年を目途に、再生可能エネルギーの割合を総電力消費量80%以上へ引き上げたいとしており、今後も洋上風力発電等の再生可能エネルギー需要が増加する見込みである。

ブーテンディーク洋上風力発電所の概要
ブーテンディーク洋上風力発電所は、2015年8月に営業運転を開始しており、総発電容量は288MWを誇る。

ドイツ北海 ジルト島32キロメートル沖に位置し、稼働中の洋上風力発電所としては最大級の規模。ドイツ標準家庭の約37万世帯分の電力を賄い、クリーンな電力供給に貢献しているという。

CITIC Pacificとの協業を促進
伊藤忠商事は、北米で2件の風力発電所と1件の風力・太陽光発電所案件に取り組む等、世界各地で発電事業を推進している。

今回の取り組みは、CITIC Pacificとの初号案件。今後両社は、他の再生可能エネルギー案件への取り組みも検討していく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

伊藤忠商事 プレスリリース
http://www.itochu.co.jp/ja/news/press/2016/161220.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る