三井住友建設、作業時間が大幅に短縮!「橋梁3次元モデル作成システム」を開発

更新227

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 三井住友建設、作業時間が大幅に短縮!「橋梁3次元モデル作成システム」を開発

三井住友建設、作業時間が大幅に短縮!「橋梁3次元モデル作成システム」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月19日 01:00

PC橋の3次元モデルを簡単に作成
三井住友建設株式会社は12月15日、プレストレストコンクリート橋(PC橋)の3次元モデルを高精度かつ簡易に作成することができる「橋梁3次元モデル作図システム(SMC-modeler)」を開発し、実用化した、と発表した。

SMC-modelerは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のC-modelerを、三井住友建設用にカスタマイズしたもの。

三井住友建設は、SMC-modelerを、岩手県久慈市の国道45号夏井高架橋工事に適用した。

3次元モデルを作成する時間は、数分
PC橋は、複雑な構造をしており、従来は3次元モデルを作成するために高度なCAD技術が必要で、作成作業に2~3週間が必要であった。

三井住友建設は、設計段階で使用するRC橋の線形部分と断面形状の座標データを用いて、3次元モデルを自動作成する「橋梁3次元モデル作図システム(SMC-modeler)」を開発した。

SMC-modelerは、3次元モデルの作成に要する時間が数分程度で、大幅な業務の効率化を実現した。

作成した3次元モデルは、ドローンなどで実際に計測した地形に重ね合わせることができるので、地形と構造物の整合性を容易に確認することができる。

PC橋を構成するPC鋼材や配水管などの部材を、高精度で自動的に配置して3次元化できるため、部材間の関係を確認し、施工計画を迅速に立てることができる。

ICT技術との連携で橋梁建設の効率化と品質向上を目指す
三井住友建設は、SMC-modelerで作成した3次元モデルをICT技術と連携させて、橋梁の設計、施工管理、維持管理に活用し、効率的で高品質なトータル建設マネジメントシステム(DCM)を構築する予定である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井住友建設株式会社のニュースリリース
http://www.smcon.co.jp/2016/121518371/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る