タケエイ、秋田県大仙市にて木質バイオマス発電事業の検討をスタート

更新1017

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. タケエイ、秋田県大仙市にて木質バイオマス発電事業の検討をスタート

タケエイ、秋田県大仙市にて木質バイオマス発電事業の検討をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月18日 15:15

木材利用を推進
タケエイは、11月17日、秋田県大仙市にて、木質バイオマス発電事業の立ち上げに関し、具体的な検討をスタートさせることを発表した。

大仙市および隣接する仙北市・秋田市・由利本荘市は、日本でも有数の林業盛んな地域。近年、バイオマス発電の燃料として利用されている一般木質材・製材端材・未利用木材等については、相当量発生するものと考えられ、エネルギー源として活用が期待できるという。

検討中の発電施設概要
新木質バイオマス発電所の燃料は、未利用の木質資源を地元林業事業者が分別集積した後、燃料用チップに加工・製造し、利用。

具体的には、生木すべてを無駄なく使いきる、木材のカスケード利用スキーム、すなわち、木材を建材等の資材として利用した後、ボードや紙等の利用を経て、最終的に燃料として利用する方法を検討する考えだ。

なお、発電量は、一般家庭約1万5,000世帯の年間消費電力量に相当する約7,000kWを見込み、売電開始は2019年頃を予定している。

東北地方4例目のプロジェクト
今回検討している秋田県大仙市での木質バイオマス発電は、同社にとって東北地方における4例目のプロジェクト。

同社はこの事業を通じ、雇用の創出による地元の活性化、エネルギーの補完、林業の活性化等に取り組むとともに、ひいては地球環境保全に貢献していく方針である。


▼外部リンク

タケエイ プレスリリース
http://v4.eir-parts.net/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る