東燃ゼネラル石油と日揮、国内最大級の木質バイオマス発電所を建設

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東燃ゼネラル石油と日揮、国内最大級の木質バイオマス発電所を建設

東燃ゼネラル石油と日揮、国内最大級の木質バイオマス発電所を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月28日 18:15

共同でバイオマス発電事業を実施
東燃ゼネラル石油株式会社と日揮株式会社は9月27日、共同で新会社「室蘭バイオマス発電合同会社」を設立し、バイオマス発電事業を実施する、と発表した。

新会社「室蘭バイオマス発電合同会社」は、出資比率が東燃ゼネラル90%および日揮10%、資本金1億円で2016年10月11日に設立予定。

国内最大級のバイオマス発電所
新会社は、環境保全に十分配慮した高効率の、木質バイオマス専焼の発電所としては国内最大級のバイオマス発電所を建設する予定。FIT制度を活用した発電事業を行うとともに、室蘭地域の発展と活性化に貢献する。

東燃ゼネラルの電源開発のノウハウと、日揮の発電事業および発電設備の設計、建設のノウハウを最大限活用しながら安全かつ安定的に事業を推進する。

発電所は、北海道室蘭市港北町にある東燃ゼネラルの遊休地、総敷地面積約4万平方メートルに建設。燃料として主にパームヤシ殻を用い、木質バイオマス専焼とする。発電設備として循環流動層ボイラー、再熱式復水タービンを備え、発電規模は7.49万kWを予定。

2020年春に操業開始
バイオマス発電所は、2017年に着工(予定)し、2020年春に操業を開始する予定。


▼外部リンク

東燃ゼネラル石油株式会社のニュースリリース
http://www.tonengeneral.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る