研究開発の求人・募集

更新415

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. その他>
  3. 研究開発

求人情報の一部をご紹介しております。求人への応募をご検討いただく際にはより詳細な内容をお伝えいたします。

情報確認日
株式会社クボタ

研究開発

  • プラントエンジニアリング会社
  • 定年後再雇用あり
  • 資格が無くても応募可能
年収 450万円~1000万円 (経験能力考慮の上優遇)
※年収例や賞与の支給額などに興味のある方は、【応募する】ボタンよりお問い合わせください。
勤務地 〒661-8567兵庫県尼崎市浜1-1-1 株式会社クボタ 本社阪神事務所
本社 阪神事務所(尼崎市)
仕事内容 ■下記業務をご担当いただきます。

【具体的には】
・下水・産業排水処理向け環境機器(膜装置、脱水機など、分離濃縮を行う装置)の開発業務。
・水処理機器の実証試験・装置試作の補助からスタートし、業務に慣れた後には、リーダーを補佐しながら、開発ミッションにおける個別ミッションの主担当として業務を行う。
・個別ミッションは、試作機の性能確認・耐久試験などの計画・実施を想定。

【流れ】
・大枠の開発計画を基に、ブレイクダウンした開発ミッションの活動計画に沿って開発業務を行う。
・その活動計画の中で、各担当が個別ミッションを担当する。
・具体的な業務内容は、リーダーと各担当とで相談しながら決める。
・リーダーが合意すれば、タスクのプランニングは各担当の裁量の範囲。

【体制】
・ひとつの開発ミッションに4~5名のメンバーで個別ミッション業務にあたる。
・個別ミッションのスパンは2~6か月程度。月次で進捗を管理する。

【使用ツール例】
・2DCAD(AutoCAD)
必要な資格・経験 【必須要件】
・機械設計図面が作図できる方
・試作や実験など、ものづくりや実験作業の実務に関わった経験がある方

【歓迎要件】
・流体力学、化学工学、材料力学、衛生工学の知識をお持ちの方
・技術報文や論文投稿の経験がある方
・日常会話レベル(TOEIC500点相当)以上の語学力がある方
※想定使用シーン:海外の技術情報や論文の調査、海外出張あり(現地試験対応など)
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
定型労働時間制

<出張>
全国出張あり

<転勤>
なし

<休日>
年間125日/(内訳)土日祝休み(事業所カレンダーによる)、年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇土曜日、日曜日、その他(製造部門は事業所ごとに決定。就労する事業所の年間所定休日による。)
※有給休暇:最大20日(入社時14日付与、半日・時間単位取得可)

<定年・再雇用>
再雇用65歳まで
企業情報 <設立年月>
1930年12月

<資本金>
84,130百万円

<社員数>
50352名(2022年12月現在)

<上場・非上場>
上場

<企業について>
【概要・特徴】
東証プライム上場、数々の世界トップシェア製品を有する総合機械メーカーです。機械(農業機械・小型建設機械・産業用小型汎用エンジンなど)、水・環境(パイプ関連製品・環境プラントなど)の主に2つのセグメントで事業を展開しています。“食料・水・環境分野で世界に貢献すること”をビジョンに掲げ、世界約120カ国でグローバルに事業を行なっています。

【実績】
・機械部門:畑作と稲作の両方を手がける世界有数の農業機械メーカーであり、トラクターの累計生産台数は400万台以上です。また、小型建設機械のミニバックホー販売台数は18年連続で世界1位、100馬力未満の産業用ディーゼルエンジンが世界トップシェアを獲得するなど幅広い分野で実績を築いています。
・水・環境部門:上水から下水までカバーできる水関連機械メーカーであり、国内高度浄水処理施設における同社の処理装置採用率は約80%です。また、ダクタイル鉄管の世界納入実績は70カ国以上。耐震型ダクタイル鉄管はこれまでの大地震でも破損しておらず、国内外で高い評価を受けています。

【注力分野】
2030年に向けて、国内外の社会問題を解決するさまざまな取り組みを推進。世界的に増加している食料需要に対応するため、大型畑作用農業機械の世界市場への展開を加速する方針です。また、国内の農業従事者の高齢化に伴う人手不足に対応するため、ロボット技術やIoT・ICTを活用したスマート農業の普及を目指しています。
お問い合わせ番号 359714

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る