鹿島建設の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 鹿島建設

鹿島建設の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月11日

鹿島建設は1840年創業のゼネコンです。売上高は業界2位で、大林組、清水建設、大成建設、竹中工務店とともに「スーパーゼネコン」の1つに数えられます。日本で初めて鉄道や高速道路、超高層ビルを建設し、「鉄道の鹿島」「土木の鹿島」「超高層の鹿島」と呼ばれてきました。
国内の建築・土木事業だけではなく、最近では不動産開発や、海外展開にも力を入れています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…鹿島建設 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

鹿島建設の年収データ

年度別 平均年収の推移

鹿島建設の平均年収の推移

※括弧内の数字は、平均年齢を表しています。

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
鹿島建設 875万円 877万円 892万円 893万円 947万円
(平均年齢) 43.5歳 43.5歳 43.7歳 43.7歳 43.9歳
スーパーゼネコン5社 869万円 874万円 884万円 911万円 954万円
(平均年齢) 43.6歳 43.4歳 43.4歳 43.3歳 43.3歳
鹿島建設
2016年度
947万円
(平均年齢43.9歳)
2015年度
893万円
(平均年齢43.7歳)
2014年度
892万円
(平均年齢43.7歳)
2013年度
877万円
(平均年齢43.5歳)
2012年度
875万円
(平均年齢43.5歳)

すべて表示▼

スーパーゼネコン5社
2016年度
954万円
(平均年齢43.3歳)
2015年度
911万円
(平均年齢43.3歳)
2014年度
884万円
(平均年齢43.4歳)
2013年度
874万円
(平均年齢43.4歳)
2012年度
869万円
(平均年齢43.6歳)

すべて表示▼

鹿島建設の2016年度の平均年収は947万円。2013年度から増加しており、2016年度は前年度から54万円増えました。
スーパーゼネコン5社(鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設、竹中工務店)の平均年収は954万円。2012~2014年度は鹿島建設が上回っていましたが、2016年度は鹿島建設が7万円下回りました。

鹿島建設の売上データ

売上高の推移

鹿島建設の売上高の推移
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
鹿島建設 1兆4850億円 1兆5212億円 1兆6937億円 1兆7427億円 1兆8218億円
スーパーゼネコン5社 1兆3528億円 1兆4372億円 1兆5519億円 1兆6031億円 1兆5932億円
鹿島建設
2016年度
1兆8218億円
2015年度
1兆7427億円
2014年度
1兆6937億円
2013年度
1兆5212億円
2012年度
1兆4850億円

すべて表示▼

スーパーゼネコン5社
2016年度
1兆5932億円
2015年度
1兆6031億円
2014年度
1兆5519億円
2013年度
1兆4372億円
2012年度
1兆3528億円

すべて表示▼

経常利益の推移

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
鹿島建設 246億円 270億円 214億円 1134億円 1634億円
スーパーゼネコン5社 269億円 350億円 501億円 1013億円 1346億円
鹿島建設
2016年度
1634億円
2015年度
1134億円
2014年度
214億円
2013年度
270億円
2012年度
246億円

すべて表示▼

スーパーゼネコン5社
2016年度
1346億円
2015年度
1013億円
2014年度
501億円
2013年度
350億円
2012年度
269億円

すべて表示▼

鹿島建設の2016年度の売上高は1兆8218億円で、前年度比4.5%増となりました。営業利益は1554億円で39.9%増、経常利益は1634億円で44.2%増、純利益は1049億円で45.0%増でした。

過去5年間、連続して増収を確保しています。2014年度は海外の土木工事でコストが増加したため減益となりましたが、2015年度以降は建設需要が高まった一方で労務需給が安定化したことにより利益率が改善。2015、2016年度は2年続けて純利益で過去最高を更新しました。
2015~2017年度の中期経営計画では、建設事業の利益率改善や、国内開発事業の安定した利益確保などに取り組んでいます。2017年度は売上高1兆8300億円、経常利益1200億円を見込んでおり、中期計画の目標(売上高1兆7500億円、経常利益650億円)を上回る見通しです。

売上の内訳

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
土木事業 2695億円 2988億円 2764億円 3080億円 2969億円
建築事業 7416億円 6819億円 7768億円 8226億円 8301億円
開発事業等 530億円 562億円 810億円 328億円 699億円
国内関係会社 1976億円 2204億円 2193億円 2114億円 2240億円
海外関係会社 2233億円 2638億円 3401億円 3679億円 4010億円
土木事業
2016年度
2969億円
2015年度
3080億円
2014年度
2764億円
2013年度
2988億円
2012年度
2695億円

すべて表示▼

建築事業
2016年度
8301億円
2015年度
8226億円
2014年度
7768億円
2013年度
6819億円
2012年度
7416億円

すべて表示▼

開発事業等
2016年度
699億円
2015年度
328億円
2014年度
810億円
2013年度
562億円
2012年度
530億円

すべて表示▼

国内関係会社
2016年度
2240億円
2015年度
2114億円
2014年度
2193億円
2013年度
2204億円
2012年度
1976億円

すべて表示▼

海外関係会社
2016年度
4010億円
2015年度
3679億円
2014年度
3401億円
2013年度
2638億円
2012年度
2233億円

すべて表示▼

2016年度の売上高の内訳は、鹿島建設単体の土木事業が2969億円で前年度比3.6%減、建築事業が8301億円で0.9%増、開発事業等が699億円で113.2%増。関係会社の売上高は国内が2240億円で6.0%増、海外が4010億円で9.0%増となりました。
主力の建築事業では、2016年度に「東京ガーデンテラス紀尾井町新築工事」(東京都千代田区)、「ジャパンディスプレイ白山工場新築工事」(石川県白山市)、「勝どき ザ・タワー他新築工事」(東京都中央区)などが完成しました。開発事業は物件の売却が少なかった2015年度は大幅な減収となりましたが、2016年度は物件の引渡しがあったため増収となりました。

鹿島建設の特徴

不動産開発事業に強み

鹿島建設は不動産開発事業に強く、ゼネコンデベロッパーとして土地取得・設計・施工・販売・賃貸・不動産運用のサポートなど、幅広く事業を展開しています。分野は、オフィス・商業施設・住宅・大規模な都市開発などさまざまで、これまでの実績には「東京駅八重洲口開発プロジェクト(グラントウキョウ)」(東京都千代田区)、「中野セントラルパーク」(東京都中野区)、「プレジデントリゾートホテル軽井沢」(群馬県長野原町)などがあります。
2016年度の開発事業の売上高は、鹿島建設単体と子会社を合わせた連結で1005億円(92.9%増)と、スーパーゼネコンの中では大成建設に次ぐ2番目の規模となっています。
近年は不動産事業だけでなく、太陽光発電などの新事業分野にも取り組んでいます。

海外事業の強化、拡大に注力

鹿島建設は、海外現地企業からの受注増加や、M&Aによる基盤強化などを通じて、海外事業を拡大していく方針です。2015、2016年度と相次いでオーストラリアの建設会社2社を買収しました。
2017年6月には、シンガポールの複合開発事業を受注。600戸を超える分譲住宅のほか、延床面積約27000平方メートルのショッピングモール、コミュニティー・クラブ、警察署なども含む大型住宅・商業複合開発プロジェクトとなっています。

ワークライフバランス向上への取り組み

鹿島建設は、毎週水曜日のノー残業デーや、社員がそれぞれ週1日設定するマイノー残業デーなど、残業時間を減らす取り組みを行っています。2016年の平均残業時間は、総合職57.8時間、一般職10.6時間でした。
また、有給休暇の取得も推進しており、一斉付与も行っています。2016年の取得率は、総合職30.6%、一般職74.9%でした。

鹿島建設の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 2009 しゆんせつ 1252
プレストレストコンクリート 1677 板金 1115
建築一式 2031 ガラス 1058
大工 1058 塗装 1145
左官 1058 防水 1058
とび・土工・コンクリート 1537 内装仕上 1548
法面処理 1356 機械器具設置 1117
1085 熱絶縁 1058
屋根 1187 電気通信 1095
電気 1376 造園 1083
1353 さく井 1058
タイル・れんが・ブロック 1453 建具 1143
鋼構造物 1442 水道施設 1344
鋼橋上部 1357 消防施設 1213
鉄筋 1058 清掃施設 1155
ほ装 1356 とび・大工・コンクリート・解体 1549

業種

総合評定値(P)

土木一式
2009
プレストレストコンクリート
1677
建築一式
2031
大工
1058
左官
1058
とび・土工・コンクリート
1537
法面処理
1356
1085
屋根
1187
電気
1376
1353
タイル・れんが・ブロック
1453
鋼構造物
1442
鋼橋上部
1357
鉄筋
1058
ほ装
1356
しゆんせつ
1252
板金
1115
ガラス
1058
塗装
1145
防水
1058
内装仕上
1548
機械器具設置
1117
熱絶縁
1058
電気通信
1095
造園
1083
さく井
1058
建具
1143
水道施設
1344
消防施設
1213
清掃施設
1155
とび・大工・コンクリート・解体
1549

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

鹿島建設の基本情報

社名 鹿島建設株式会社(KAJIMA CORPORATION)
本社 東京都港区元赤坂1-3-1
設立 1930年3月
資本金 814億4700万円(2017年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 7611人(連結16422人)(2017年3月31日現在)
平均年齢 43.9歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数 18.3年(2017年3月31日現在)
社名
鹿島建設株式会社(KAJIMA CORPORATION)
本社
東京都港区元赤坂1-3-1
設立
1930年3月
資本金
814億4700万円(2017年3月31日現在)
上場
東証1部
従業員
7611人(連結16422人)(2017年3月31日現在)
平均年齢
43.9歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数
18.3年(2017年3月31日現在)

主な工事実績

フジテレビ本社ビル・ニッポン放送本社ビル
竣工年月
1996年6月
場所
東京都港区
発注者
フジテレビジョン
設計
丹下健三・都市・建築設計研究所、小堀鐸二研究所
フジテレビ本社ビル・ニッポン放送本社ビル
沖縄美ら海水族館
竣工年月
2002年7月
場所
沖縄県国頭群本部町
発注者
沖縄総合事務局、都市基盤整備公団
設計
国建
沖縄美ら海水族館
東京丸の内駅舎保存・復原工事
竣工年月
2012年10月
場所
東京都千代田区
発注者
東日本旅客鉄道
設計
東日本旅客鉄道 東京工事事務所、東京電気システム開発工事事務所、東京駅丸の内駅舎保存・復原設計共同企業体
東京丸の内駅舎
みなとみらい駅
竣工年月
2003年12月
場所
神奈川県横浜市
発注者
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社
設計
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社
B1 Square
竣工年月
2016年4月
場所
オーストラリア
発注者
B1 Goldfield Development
設計
Marchese Partners
その他の施工実績(一例)
  • 女川原子力発電所
  • 温井ダム
  • ヤマハ銀座ビル
  • 明石海峡大橋
  • NHK放送技術研究所
  • 新青森駅
  • 国立シンガポール工科・デザイン大学イーストコーストキャンパス など

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
鹿島建設の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ