東洋エンジニアリングの企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新121

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 東洋エンジニアリング

東洋エンジニアリングの企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月25日

東洋エンジニアリングは、国内3位のプラントエンジニアリング会社です。日揮、千代田化工建設とともに、日本の「エンジニアリング御三家」といわれています。
ハイドロカーボン分野やインフラ分野、医薬分野など幅広い分野で事業を展開しており、特に肥料分野に強みがあります。
これまでに手がけたプロジェクトは、50カ国以上で数千件。度数率は0.07で、エンジニアリング御三家の中では群を抜いています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…東洋エンジニアリング について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

東洋エンジニアリングの年収データ

平均年収の推移

東洋エンジニアリングの平均年収の推移

※括弧内の数字は、平均年齢を表しています。

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
東洋エンジニアリング 879万円 885万円 889万円 844万円 791万円
(平均年齢) 43.8歳 44.1歳 44.2歳 43.8歳 43.7歳
エンジニアリング御三家 930万円 927万円 939万円 929万円 898万円
(平均年齢) 43.0歳 42.9歳 43.0歳 42.7歳 42.6歳
東洋エンジニアリング
2015年度
791万円
(平均年齢43.7歳)
2014年度
844万円
(平均年齢43.8歳)
2013年度
889万円
(平均年齢44.2歳)
2012年度
885万円
(平均年齢44.1歳)
2011年度
879万円
(平均年齢43.8歳)

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
898万円
(平均年齢42.6歳)
2014年度
929万円
(平均年齢42.7歳)
2013年度
939万円
(平均年齢43.0歳)
2012年度
927万円
(平均年齢42.9歳)
2011年度
930万円
(平均年齢43.0歳)

すべて表示▼

東洋エンジニアリングの2015年度の平均年収は791万円。2014年度から減少し、2015年度は前年度から53万円減りました。
エンジニアリング御三家(東洋エンジニアリング、日揮、千代田化工建設)の平均年収と比較すると、 どの年度も東洋エンジニアリングの方が低く、2015年度は唯一800万円を切りました。2015年度のエンジニアリング御三家の平均年収は898万円で、東洋エンジニアリングが107万円下回りました。

東洋エンジニアリングの売上データ

売上高の推移

東洋エンジニアリングの売上高の推移

売上高の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
東洋エンジニアリング 1579億円 2287億円 2301億円 3115億円 2998億円
エンジニアリング御三家 3232億円 4174億円 4507億円 5305億円 5971億円
東洋エンジニアリング
2015年度
2998億円
2014年度
3115億円
2013年度
2301億円
2012年度
2287億円
2011年度
1579億円

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
5971億円
2014年度
5305億円
2013年度
4507億円
2012年度
4174億円
2011年度
3232億円

すべて表示▼

経常利益の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
東洋エンジニアリング 51億円 40億円 49億円 △253億円 39億円
エンジニアリング御三家 338億円 340億円 372億円 140億円 240億円
東洋エンジニアリング
2015年度
39億円
2014年度
△253億円
2013年度
49億円
2012年度
40億円
2011年度
51億円

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
240億円
2014年度
140億円
2013年度
372億円
2012年度
340億円
2011年度
338億円

すべて表示▼

東洋エンジニアリングの2015年度の売上高は2998億円で、前年度比3.7%減となりました。営業利益は110億円(前年度は73億円の赤字)、経常利益は39億円(前年度は253億円の赤字)、純利益は30億円(前年度は209億円の赤字)でした。

過去5年間の業績の推移を見ると、2014年度に大幅な経常減益となったのが目立ちます。これは、世界各地で進行中の複数のプロジェクトで建設コストが増加したためです。2015年度、2016年度も工事費増加の影響で業績は伸び悩みました。今後は受注確保とプロジェクト単位でのコスト削減を図るとともに、プラントやインフラの分野で事業領域を広げることで業績を伸ばす方針です。

売上の内訳

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
EPC事業 1430億円 2155億円 2160億円 3011億円 2998億円
IT事業 122億円 110億円 121億円 84億円 -
不動産賃貸・管理事業 26億円 22億円 21億円 20億円 -
EPC事業
2015年度
2998億円
2014年度
3011億円
2013年度
2160億円
2012年度
2155億円
2011年度
1430億円

すべて表示▼

IT事業
2015年度
-
2014年度
84億円
2013年度
121億円
2012年度
110億円
2011年度
122億円

すべて表示▼

不動産賃貸・管理事業
2015年度
-
2014年度
20億円
2013年度
21億円
2012年度
22億円
2011年度
26億円

すべて表示▼

2014年度までは3つのセグメントに分かれていましたが、子会社を売却したため2015年度からはEPC事業のみとなりました。
2015年度のEPC事業は、カナダ向けサンドオイル処理設備やマレーシア向けエチレンコンプレックス、国内の久米南ソーラーや瀬戸内メガソーラーが進捗したものの、化学肥料分野が落ち込んだことから、売上高は2998億円で前年度比3.7%減となりました。

東洋エンジニアリングの特徴

尿素プラントに強み

東洋エンジニアリングは、肥料などに使われる尿素を生産するプラントに強みを持っており、その設計・建設・運転の実績は100基以上。様々な尿素製造技術を自社開発しています。
中でも「ACES21」と呼ばれる技術は、尿素の合成過程を簡素化したもので、尿素生産の大幅な省エネルギー化を実現。エネルギー消費量は、尿素プラントの大型化が始まった1960年代の約半分になりました。この技術を使ったプラントが中国とインドネシアで商業運転しています。

安全衛生-度数率は0.07―

東洋エンジニアリングは、安全と品質、環境を重視した「SQE(Safety, Quality & Environment)マネジメント体制」をとっており、社長直轄のSQE会議が中心となって、部門・部室ごと、個別プロジェクトごとに安全・品質・環境に配慮した業務が行われているかチェックしています。
特に安全衛生では、「ヒヤリハット」事象を収集し、原因や発生時間帯などを分析することで、事故防止に役立てています。
こうした取り組みの結果、2015年度の度数率は0.07と、建設業の平均(0.74)を大きく下回りました。

※度数率とは、延べ労働時間100万時間当たりの労働災害による休業1日以上の死傷者数で、災害発生の頻度を表します。

東洋エンジニアリングの基本情報

会社名 東洋エンジニアリング株式会社(Toyo Engineering Corporation)
本社所在地 千葉県習志野市茜浜2丁目8番1号
設立日 1961年5月1日
資本金 181億9897万8851円(2016年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 1092名(連結4397名)(2016年3月31日現在)
平均年齢 43.7歳(2016年3月31日現在)
平均勤続年数 18.0年(2016年3月31日現在)
会社名
東洋エンジニアリング株式会社(Toyo Engineering Corporation)
本社所在地
千葉県習志野市茜浜2丁目8番1号
設立日
1961年5月1日
資本金
181億9897万8851円(2016年3月31日現在)
上場
東証1部
従業員
1092名(連結4397名)(2016年3月31日現在)
平均年齢
43.7歳(2016年3月31日現在)
平均勤続年数
18.0年(2016年3月31日現在)

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
東洋エンジニアリングの、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ