日揮の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 日揮

日揮の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月25日

日揮は、国内首位、世界4位のプラントエンジニアリング会社です。千代田化工建設、東洋エンジニアリングとともに、日本の「エンジニアリング御三家」といわれています。
独自のプロジェクトマネジメントシステムのもと、各種プラントの設計・機材調達・建設・オペレーション・メンテナンスを一括で請け負っており、石油・天然ガス開発や各種インフラ分野だけではなく、医療・医薬品分野でも事業を展開しています。
これまでに手がけたプロジェクトは80カ国2万件以上。中でもLNG(液化天然ガス)プラントでは世界シェアの30%以上を占めています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…日揮 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

日揮の求人

日揮の年収データ

平均年収の推移

日揮の平均年収の推移

※括弧内の数字は、平均年齢を表しています。

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
日揮 950万円 973万円 984万円 990万円 971万円
(平均年齢) 42.9歳 43.0歳 43.2歳 43.3歳 43.3歳
エンジニアリング御三家 930万円 927万円 939万円 929万円 898万円
(平均年齢) 43.0歳 42.9歳 43.0歳 42.7歳 42.6歳
日揮
2015年度
971万円
(平均年齢43.3歳)
2014年度
990万円
(平均年齢43.3歳)
2013年度
984万円
(平均年齢43.2歳)
2012年度
973万円
(平均年齢43.0歳)
2011年度
950万円
(平均年齢42.9歳)

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
898万円
(平均年齢42.6歳)
2014年度
929万円
(平均年齢42.7歳)
2013年度
939万円
(平均年齢43.0歳)
2012年度
927万円
(平均年齢42.9歳)
2011年度
930万円
(平均年齢43.0歳)

すべて表示▼

日揮の2015年度の平均年収は971万円。2011年度から増加していましたが、2015年度は19万円減少しました。
エンジニアリング御三家(日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング)の平均年収と比較すると、どの年度も日揮の方が高くなっています。2015年度のエンジニアリング御三家の平均年収は898万円で、日揮が73万円上回りました。

日揮の売上データ

売上高の推移

日揮の売上高の推移

売上高の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
日揮 5570億円 6246億円 6758億円 7991億円 8800億円
エンジニアリング御三家 3232億円 4174億円 4507億円 5305億円 5971億円
日揮
2015年度
8800億円
2014年度
7991億円
2013年度
6758億円
2012年度
6246億円
2011年度
5570億円

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
5971億円
2014年度
5305億円
2013年度
4507億円
2012年度
4174億円
2011年度
3232億円

すべて表示▼

経常利益の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
日揮 726億円 725億円 837億円 449億円 520億円
エンジニアリング御三家 338億円 340億円 372億円 140億円 240億円
日揮
2015年度
520億円
2014年度
449億円
2013年度
837億円
2012年度
725億円
2011年度
726億円

すべて表示▼

エンジニアリング御三家
2015年度
240億円
2014年度
140億円
2013年度
372億円
2012年度
340億円
2011年度
338億円

すべて表示▼

日揮の2015年度の売上高は8800億円で、前年度比10.1%増となりました。営業利益は497億円で67.0%増、経常利益は520億円で16.0%増、純利益は428億円で107.4%増でした。

過去5年間の推移を見てみると、売上高は増加を続けている一方、工事費用が増加した影響で2014年度は大幅な減益に。2015年度は一旦持ち直したものの、2016年度は152億円の経常損失となりました。
2016~2020年度の経営計画「Beyond the Horizon」では、2020年度に売上高1兆円以上、純利益600億円を目標に掲げています。現在コアとしているEPC事業では、人口増加やエネルギー需要の増大が見込まれる中央アジア、イラン、イラクでの事業拡大、交通インフラ分野などへの事業領域拡大を目指すほか、EPC以外の事業への投資を行っていく方針です。

売上の内訳

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
総合エンジニアリング事業 5062億円 5766億円 6248億円 7450億円 8284億円
触媒・ファイン事業 420億円 385億円 372億円 375億円 376億円
その他の事業 87億円 95億円 138億円 166億円 139億円
総合エンジニアリング事業
2015年度
8284億円
2014年度
7450億円
2013年度
6248億円
2012年度
5766億円
2011年度
5062億円

すべて表示▼

触媒・ファイン事業
2015年度
376億円
2014年度
375億円
2013年度
372億円
2012年度
385億円
2011年度
420億円

すべて表示▼

その他の事業
2015年度
139億円
2014年度
166億円
2013年度
138億円
2012年度
95億円
2011年度
87億円

すべて表示▼

2015年度の売上高の内訳は、総合エンジニアリング事業が前年度比11.2%増、触媒・ファイン事業が0.4%増、その他の事業が16.1%減となりました。
主力の総合エンジニアリング事業では、インドネシアでの製油所能力増強プロジェクトや、バーレーンでのガス処理プラント建設プロジェクトを受注したことが増収につながりました。

日揮の特徴

LNG分野に強み

日揮はLNG(液化天然ガス)分野に強く、LNGプラントでの世界シェアは30%以上にのぼります。
強みとしているのは、気象などプラントの周辺環境への影響を最小化し、LNGの効率的な生産を可能にするエンジニアリングサービス。空冷式LNGプラントは、周辺の気象の変化により、高温の排気を吸い込むと生産効率が低下しますが、日揮は独自のシミュレーション技術を活用してこれを低減。プラントの稼働率を高め、LNGの生産を最大化できるとして、高い評価を得ています。
また、プラントを設備・機能ごとに分割して製造し、現地で組み上げるモジュール工法を積極的に活用することで、プラント建設の効率化を図っています。
原油・ガス分野のプラントマーケットは価格低迷の影響で厳しい状況にありますが、受注環境は次第に回復してくると日揮は予測しています。今後はインフラ分野を伸ばしつつも、引き続きLNGプラントを中心とした原油・ガス分野を拡大していく方針です。

SCWC技術の開発

日揮は、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同で、オイルサンドや超重質油を水のみで改質する「SCWC(Supercritical Water Cracking)技術」を開発しました。オイルサンドは石油を含んだ砂岩のことで、粘度が高く輸送が困難なためほとんど開発されていません。埋蔵量は2.1兆バレル以上と、石油(2015年は1.7兆バレル)を上回っており、新たなエネルギー資源として期待されています。
今は実用化に向けた試験を行っている段階ですが、将来的には1日3万バレルの商業生産を目指しています。

安全衛生―度数率は平均の半分以下―

日揮では、安全衛生管理のために「HSSE(Health Safety Security Environment)委員会」を開催し、安全に関する重要テーマについて話し合っています。
毎年7月に開催される安全会議(HSSE Conference)には、社長をはじめ約240人が参加。無災害プロジェクトの表彰や、安全衛生にまつわるテーマについての発表・議論を行っています。
ほかにも、建設現場に出張・駐在する社員全員に、安全衛生の基礎知識を共有する「初級安全衛生環境管理講座」の受講を義務付けています。建設工事に従事する全ての関係者にも、新規入構者教育、監督者向けHSSE教育、クレーンによる揚重教育などを実施しています。

こうした取り組みの結果、日揮の2015年度の度数率※は0.34と、建設業の平均(0.74)の半分以下。2014年には石油メジャー最大手のエクソンモービルから、パプアニューギニアでのLNGプロジェクトで「No.1 Safe Contractor」として表彰されました。

※度数率とは、延べ労働時間100万時間当たりの労働災害による休業1日以上の死傷者数で、災害発生の頻度を表します。

ワークライフバランス―有給取得率は53%―

日揮は毎週水曜日がノー残業デーです。定時の午後6時10分には全館消灯し、帰宅を促します。一カ月当たりの平均残業時間(2015年度、日揮単体)は26.5時間。2015年度の年次有給休暇の取得率は53%。建設業の平均(38.1%)を上回っています。

日揮の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 1694 しゆんせつ -
プレストレストコンクリート 1085 板金 -
建築一式 1549 ガラス -
大工 - 塗装 -
左官 - 防水 -
とび・土工・コンクリート - 内装仕上 -
法面処理 - 機械器具設置 1745
- 熱絶縁 -
屋根 - 電気通信 1225
電気 1360 造園 -
1607 さく井 -
タイル・れんが・ブロック 1068 建具 -
鋼構造物 1081 水道施設 1207
鋼橋上部 1081 消防施設 -
鉄筋 - 清掃施設 1013
ほ装 - その他 -

業種

総合評定値(P)

土木一式
1694
プレストレストコンクリート
1085
建築一式
1549
大工
-
左官
-
とび・土工・コンクリート
-
法面処理
-
-
屋根
-
電気
1360
1607
タイル・れんが・ブロック
1068
鋼構造物
1081
鋼橋上部
1081
鉄筋
-
ほ装
-
しゆんせつ
-
板金
-
ガラス
-
塗装
-
防水
-
内装仕上
-
機械器具設置
1745
熱絶縁
-
電気通信
1225
造園
-
さく井
-
建具
-
水道施設
1207
消防施設
-
清掃施設
1013
その他
-

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

日揮の基本情報

会社名 日揮株式会社(JGC CORPORATION)
本社所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
設立日 1928年10月27日
資本金 235億1118万9612円(2016年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 2336名(連結7489名)(2016年3月31日現在)
平均年齢 43.3歳(2016年3月31日現在)
平均勤続年数 17.2年(2016年3月31日現在)
会社名
日揮株式会社(JGC CORPORATION)
本社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
設立日
1928年10月27日
資本金
235億1118万9612円(2016年3月31日現在)
上場
東証1部
従業員
2336名(連結7489名)(2016年3月31日現在)
平均年齢
43.3歳(2016年3月31日現在)
平均勤続年数
17.2年(2016年3月31日現在)

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
日揮の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ