奥村組の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新121

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 奥村組

奥村組の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月19日

奥村組は、大阪に本社を置く中堅総合建設会社です。子会社11社、関連会社3社でグループ構成され、土木事業、建築事業、不動産事業を主な事業としています。日本で初めて免震ビルを建設したことでも知られ、「ハニカムセグメント」と呼ばれる六角形のセグメントを用いたトンネル施行技術にも定評があります。
最近では、一関遊水地大林排水施設躯体工事(岩手県一関市)、北九州市スタジアム整備等PFI事業(福岡県北九州市)などを手がけています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…奥村組 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

奥村組の求人

奥村組の求人情報

奥村組の年収データ

平均年収の推移

奥村組の平均年収の推移
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
平均年収 700万円 762万円 780万円 811万円 849万円
平均年収
2016年度
849万円
2015年度
811万円
2014年度
780万円
2013年度
762万円
2012年度
700万円

すべて表示▼

奥村組の2016年度の平均年収は849万円で、過去5年間順調に増加しています。平均年齢は43.7歳、平均勤続年数は18.2年です。

奥村組の売上データ

売上高の推移

奥村組の売上高の推移
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
売上高 1,966億円 1,930億円 2,053億円 2,053億円 2,031億円
経常利益 36億円 38億円 56億円 93億円 135億円
売上高
2016年度
2,031億円
2015年度
2,053億円
2014年度
2,053億円
2013年度
1,930億円
2012年度
1,966億円

すべて表示▼

経常利益
2016年度
135億円
2015年度
93億円
2014年度
56億円
2013年度
38億円
2012年度
36億円

すべて表示▼

2016年度の奥村組の売上高は2,031億円で、2015年度から1.1%減少しました。完成工事高が前年同期に比べ1.0%減少したことに加え、不動産事業などが同2.2%減少したためです。一方、経常利益は、土木事業と建築事業の売上総利益が改善したことで、2015年度より45.1%増加しました。

2016年度を初年度とした中期経営計画では、主力の建設事業で技術開発を推進。山岳トンネル工事の施工情報を3次元データなどで一元管理するCIMと・建築物用であるBIMの導入加速により業務の効率化・生産力の向上を図る方針を掲げています。
最終年度の2018年度には、売上高2,200億円を目標としています。

売上の内訳

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
土木事業 729億円 721億円 825億円 803億円 767億円
建設事業 1,118億円 1,116億円 1,122億円 1,149億円 1,165億円
不動産事業 71億円 47億円 50億円 52億円 45億円
土木事業
2016年度
767億円
2015年度
803億円
2014年度
825億円
2013年度
721億円
2012年度
729億円

すべて表示▼

建設事業
2016年度
1,165億円
2015年度
1,149億円
2014年度
1,122億円
2013年度
1,116億円
2012年度
1,118億円

すべて表示▼

不動産事業
2016年度
45億円
2015年度
52億円
2014年度
50億円
2013年度
47億円
2012年度
71億円

すべて表示▼

2016年度は前年度に比べて土木事業が4.4%減、建築事業が1.4%増、不動産事業が14.1%減。一方、営業利益は土木で127.9%、建築で27.8%増加しました。

奥村組の特徴

トンネル・免震に強み

奥村組はトンネル施工技術と免震技術に強みがあります。トンネルでは、シールド掘進とゼグメント組み立てを同時に行う国内初の六角形セグメント「ハニカムセグメント」を開発。従来の施工法に比べてサイクルタイムを大幅に削減しました。
免震では1985年に日本初の実用免震ビルを設計・施工。免震のパイオニアとして、病院やマンション、公共施設などさまざまな建物や機器で実績を伸ばしています。
近年では、道路トンネルの補修や補強工事に用いる「コンクリート表面乾式自動研掃装置」や、山岳トンネル工事の工期を大幅に短縮する「高速ずり搬出システム」を開発。既存建物の耐震性能を高める「増打ち壁耐震補強工法」の建築技術性能証明を取得しました。

安定した財務体質

奥村組は、1907年の創業から堅実経営・誠実施行を信条とし、財務体質は安定しています。自己資本比率は52.8%(2016年度)と高く、有利子負債が142億円と低いのが特徴です。

女性活躍推進

奥村組では、女性が生き生きと働き活躍できる職場を目指し、女性社員を積極的に採用・育成しています。2017年の女性社員の割合は、技術職で3.4%、事務・営業職で20.1%、全体では7.3%。九州支社屋立替工事では、工事所長から構造設計監理者、安全衛生担当者などに女性を充てた「なでしこ工事チーム」を結成しました。女性の活躍推進と同時に、出産・子育て支援も積極的に行っています。

ライフワークバランス

内勤部門で毎週火曜日をノー残業デーに、外勤部門では週の1日を所定時間に退社するノー残業当番に設定しています。ゴールデンウィークなどには、長期で休暇が取得できるよう、年休取得奨励日を設定して実質的な労働時間の削減に取り組んでいます。

奥村組のトピックス

近年の主な完成工事

奥村組が近年完成した主な土木・建築工事に、米子医療センターの新築工事、大阪拘置所新営第1期工事、阿波市新庁舎と交流防災拠点施設建設工事、新神戸トンネル天井板撤去工事などがあります。現在工事中のものでは、新名神高速道路東畦野トンネル工事や台湾の台北地下鉄松山線CG590B工区工事などがあります。

免震実証実験映像を公開

奥村組では、2016年に30年経過した免震ビル(奥村組技術研究所管理棟)で建物自体を揺らす実験(自由振動実験)を実施。免震装置が現在もその機能を維持していることを実証しています。その映像は奥村組WEB サイトでも公開されています。

奥村組の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 1834 しゆんせつ 1215
プレストレストコンクリート 1307 板金 -
建築一式 1885 ガラス -
大工 - 塗装 -
左官 - 防水 -
とび・土工・コンクリート 1370 内装仕上 1365
法面処理 1349 機械器具設置 -
- 熱絶縁 -
屋根 - 電気通信 -
電気 1251 造園 1101
1277 さく井 -
タイル・れんが・ブロック - 建具 -
鋼構造物 1231 水道施設 1445
鋼橋上部 1196 消防施設 -
鉄筋 - 清掃施設 -
舗装 1206 とび・土工・コンクリート・解体(経過措置) 1442

業種

総合評定値(P)

土木一式
1834
プレストレストコンクリート
1307
建築一式
1885
大工
-
左官
-
とび・土工・コンクリート
1370
法面処理
1349
-
屋根
-
電気
1251
1277
タイル・れんが・ブロック
-
鋼構造物
1231
鋼橋上部
1196
鉄筋
-
舗装
1206
しゆんせつ
1215
板金
-
ガラス
-
塗装
-
防水
-
内装仕上
1365
機械器具設置
-
熱絶縁
-
電気通信
-
造園
1101
さく井
-
建具
-
水道施設
1445
消防施設
-
清掃施設
-
とび・土工・コンクリート・解体(経過措置)
1442

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

奥村組の基本情報

社名 株式会社奥村組(OKUMURA CORPORATION)
本社 大阪府大阪市阿倍野区松崎町二丁目2番2号
創業 1907年02月22日
資本金 19,838(百万円)(2017年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 1,955名(連結2,020名)(2017年3月31日現在)
平均年齢 43.7歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数 18.2年(2017年3月31日現在)
社名
株式会社奥村組(OKUMURA CORPORATION)
本社
大阪府大阪市阿倍野区松崎町二丁目2番2号
創業
1907年02月22日
資本金
19,838(百万円)(2017年3月31日現在)
上場
東証1部 など
従業員
707 名(連結 1,363 名)(2017年3月31日現在)
平均年齢
43.7歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数
18.2年(2017年3月31日現在)

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
奥村組の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ