前田建設工業の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新121

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 前田建設工業

前田建設工業の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月27日

前田建設工業は準大手ゼネコンのひとつで、その中では4番目の売上高となっています。
土木事業に強みがあり、数々のダムやトンネル建設の実績があります。近年はインフラを公共主体に代わって運営したり、自ら再生可能エネルギー施設を建設・運営したりする「脱請負」に注力。収益基盤の拡大に取り組んでいます。
アニメ・マンガ・ゲームなどの構造物が実在した場合の工期・工費を紹介する「ファンタジー営業部」を通して、ゼネコンの魅力を伝える取組みも行っています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…前田建設工業 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

前田建設工業の年収データ

年度別 平均年収の推移

前田建設工業の平均年収の推移

※括弧内の数字は、平均年齢を表しています。

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
前田建設工業 740万円 741万円 777万円 809万円 860万円
(平均年齢) 43.2歳 43.6歳 43.8歳 43.9歳 43.8歳
準大手ゼネコン13社 654万円 672万円 716万円 763万円 807万円
(平均年齢) 44.2歳 44.5歳 44.5歳 44.7歳 44.6歳
前田建設工業
2016年度
860万円
(平均年齢43.8歳)
2015年度
809万円
(平均年齢43.9歳)
2014年度
777万円
(平均年齢43.8歳)
2013年度
741万円
(平均年齢43.6歳)
2012年度
740万円
(平均年齢43.2歳)

すべて表示▼

準大手ゼネコン13社
2016年度
807万円
(平均年齢44.6歳)
2015年度
763万円
(平均年齢44.7歳)
2014年度
716万円
(平均年齢44.5歳)
2013年度
672万円
(平均年齢44.5歳)
2012年度
654万円
(平均年齢44.2歳)

すべて表示▼

前田建設工業の2016年度の平均年収は860万円。2013年度から増加しており、2016年度は前年度から51万円増えました。
準大手ゼネコン13社(準大手ゼネコン15社のうち年収非公表の2社を除く)の平均年収は807万円。過去5年間はどの年度も前田建設工業の平均年収の方が高く、2016年度は前田建設工業が53万円上回りました。

前田建設工業の売上データ

売上高の推移

前田建設工業の売上高の推移

売上高の推移

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
前田建設工業 3692億円 3956億円 4054億円 4417億円 4226億円
準大手ゼネコン14社 2700億円 3014億円 3144億円 3473億円 3428億円
前田建設工業
2016年度
4226億円
2015年度
4417億円
2014年度
4054億円
2013年度
3956億円
2012年度
3692億円

すべて表示▼

準大手ゼネコン14社
2016年度
3428億円
2015年度
3473億円
2014年度
3144億円
2013年度
3014億円
2012年度
2700億円

すべて表示▼

経常利益の推移

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
前田建設工業 △42億円 113億円 153億円 230億円 274億円
準大手ゼネコン14社 △5億円 72億円 122億円 199億円 250億円
前田建設工業
2016年度
274億円
2015年度
230億円
2014年度
153億円
2013年度
113億円
2012年度
△42億円

すべて表示▼

準大手ゼネコン14社
2016年度
250億円
2015年度
199億円
2014年度
122億円
2013年度
72億円
2012年度
△5億円

すべて表示▼

前田建設工業の2016年度の売上高は4226億円で前年度比4.3%減となりました。営業利益は231億円で前年度比23.5%増、経常利益は274億円で前年度比19.0%増、純利益は239億円で前年度比36.8%増でした。

2012年度は労務費高騰などの影響を受け42億円の経常損失となったものの、コストダウンに注力したことで受注工事、完成工事ともに採算が改善。2016年度の売上総利益率は11.3%(2012年度比7.2ポイント増)でした。
2016~2018年度の中期経営計画「Maeda JUMP16~18」では、建設事業の利益増加やインフラ運営の拡大などに取り組んでいます。当初は2018年度に売上高4200億円、営業利益210億円を目標としていましたが、2016年度に前倒しで達成。最終年度の目標を売上高4600億円、営業利益300億円に引き上げました。

売上の内訳

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度   2016年度
建築事業 2185億円 2274億円 2453億円 2530億円 建築事業 2395億円
土木事業 1093億円 1274億円 1248億円 1319億円 土木事業 1357億円
不動産事業 176億円 102億円 28億円 204億円 製造事業 371億円
その他の事業 235億円 304億円 323億円 362億円 インフラ運営事業 84億円
  その他の事業 16億円
建築事業
2016年度
2395億円
2015年度
2530億円
2014年度
2453億円
2013年度
2274億円
2012年度
2185億円

すべて表示▼

土木事業
2016年度
1357億円
2015年度
1319億円
2014年度
1248億円
2013年度
1274億円
2012年度
1093億円

すべて表示▼

不動産事業
2015年度
204億円
2014年度
28億円
2013年度
102億円
2012年度
176億円

すべて表示▼

製造事業
2016年度
371億円
インフラ運営事業
2016年度
84億円
その他の事業
2016年度
16億円
2015年度
362億円
2014年度
323億円
2013年度
304億円
2012年度
235億円

すべて表示▼

2016年度の売上高の内訳は、建築事業が2395億円で5.3%減、土木事業が1357億円で2.9%増、建築資材などの製造販売を行う製造事業が371億円で6.1%増、インフラを公共主体に代わって運営する「コンセッション」などを行うインフラ運営事業が84億円で557.2%増でした。
2016年度は、「レッドウッド南港ディストリビューションセンター1」(大阪府大阪市)、「(仮称)住友不動産三田一丁目ビル計画新築工事(住友不動産麻布十番ビル)」(東京都港区)、「ナカニシ新本社R&Dセンター」(栃木県鹿沼市)などが完成しました。

前田建設工業の特徴

土木事業に強み

前田建設工業は土木事業に強みがあります。2016年度は売上高4226億円のうち、土木事業が1357億円(32.1%)を占めました。中でも得意とするのは、ダムとトンネルです。
「大保脇ダム」(沖縄県国頭群大宜味村)では、現地で採取できる砂や小石にセメントと水を加えたCSG(Cemented Sand and Gravel)を国内で初めて使用。「都下到津線トンネル」(福岡県北九州市)は、隣接したトンネルとの間隔が1m程度でもトンネル間の強化が不要な超近接トンネルで、国内で初めて前田建設工業が建設しました。
海外でも事業を展開しており、「香港国際空港(土木)」「中国水口ダム」「スリランカ・アッパーコトマレ水力発電」など、アジアを中心としたインフラの整備も行っています。

「脱請負」に注力

前田建設工業は、従来の土木・建築事業のように受注を受けて工事を行うのではなく、自らが事業主体となって建設はもちろん、企画や運営を行う「脱請負」に力を入れています。
インフラを公共主体に代わって運営する「コンセッション」の取組みを拡大させており、森トラストなどとともに設立した愛知道路コンセッションは、愛知県道路公社から有料道路8路線の運営権(30年間)を1377億円で取得。2016年10月に運営を開始し、新たなパーキングエリアや、パーキングエリアに併設したリゾート施設の建設などに取り組んでいます。
「脱請負」のもう一つ柱が再生可能エネルギー。2013年には、茨城県つくば市に自ら建設した太陽光発電施設を稼働させました。

安全衛生の取り組み―度数率は0.59―

前田建設工業は、自社で起こった重大災害をテーマにしたDVDを作成し、安全教育に活用しています。現場でリーダーとなる協力会社の職長に対しても繰り返し再教育を行っており、安全衛生の意識を高めています。
2015年度の度数率※は0.59。前年度(0.97)から大きく低下しました。

※ 度数率とは、延べ労働時間100万時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表します。

前田建設工業の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 1927 しゆんせつ 1135
プレストレストコンクリート 1559 板金 1134
建築一式 1928 ガラス 1135
大工 1199 塗装 1134
左官 1132 防水 1136
とび・土工・コンクリート 1482 内装仕上 1342
法面処理 1261 機械器具設置 -
1134 熱絶縁 1133
屋根 1372 電気通信
電気 1346 造園 1293
1355 さく井 -
タイル・れんが・ブロック 1198 建具 1149
鋼構造物 1383 水道施設 1481
鋼橋上部 1379 消防施設 -
鉄筋 1135 清掃施設 1293
舗装 1197 とび・大工・コンクリート・解体 1482

業種

総合評定値(P)

土木一式
1927
プレストレストコンクリート
1559
建築一式
1928
大工
1199
左官
1132
とび・土工・コンクリート
1482
法面処理
1261
1134
屋根
1372
電気
1346
1355
タイル・れんが・ブロック
1198
鋼構造物
1383
鋼橋上部
1379
鉄筋
1135
舗装
1197
しゆんせつ
1135
板金
1134
ガラス
1135
塗装
1134
防水
1136
内装仕上
1342
機械器具設置
-
熱絶縁
1133
電気通信
造園
1293
さく井
-
建具
1149
水道施設
1481
消防施設
-
清掃施設
1293
とび・大工・コンクリート・解体
1482

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

前田建設工業の基本情報

社名 前田建設工業株式会社(MAEDA CORPORATION)
本社 東京都千代田区富士見二丁目10番2号
設立 1946年11月6日
資本金 284億6334万9309円(2017年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 2945人(連結4072人)(2017年3月31日現在)
平均年齢 43.8歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数 18.4年(2017年3月31日現在)
社名
前田建設工業株式会社(MAEDA CORPORATION)
本社
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
設立
1946年11月6日
資本金
284億6334万9309円(2017年3月31日現在)
上場
東証1部
従業員
2945人(連結4072人)(2017年3月31日現在)
平均年齢
43.8歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数
18.4年(2017年3月31日現在)

主な工事実績

福岡ドーム
竣工年月
1993年3月
場所
福岡県福岡市
福岡ドーム
東京湾横断道路・海ほたる
竣工年月
1994年5月
場所
千葉県木更津市
東京湾横断道路・海ほたる
天王州セントラルタワー
竣工年月
1994年3月
場所
東京都品川区
マレーシアバタンアイダム
竣工年月
1985年4月
場所
マレーシア
発注者
サラワク電力供給後者
ベトナムダーミーダム
竣工年月
2000年10月
場所
ベトナム
発注者
ベトナム電力省
その他の施工実績(一例)
  • 酒々井プレミアム・アウトレット
  • 徳島県立中央病院
  • ホテル京阪 ユニバーサルシティ
  • 伊丹水門
  • 千葉市動物公園
  • カンボジア国道6A号線
  • 香港地下鉄ライキン駅 など

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
前田建設工業の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ