五洋建設の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新121

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 五洋建設

五洋建設の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月27日

五洋建設は、海洋土木事業では国内トップの売上高を誇るゼネコンで、マリコン(マリンコンストラクター)とも呼ばれています。準大手ゼネコンのひとつで、その中では長谷工コーポレーションに次ぐ2位の売り上げ規模となっています。
「臨海部ナンバーワン・コンストラクター」として、土木事業だけではなく、生産施設、流通施設の建築なども含めた臨海部周辺の事業に注力しています。海外でも事業を展開しており、売上高の約4割を海外事業が占めています。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…五洋建設 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

五洋建設の年収データ

年度別 平均年収の推移

五洋建設の平均年収の推移

※括弧内の数字は、平均年齢を表しています。

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
五洋建設 726万円 723万円 740万円 760万円 792万円
(平均年齢) 42.6歳 43.1歳 43.3歳 43.5歳 43.4歳
準大手ゼネコン13社 654万円 672万円 716万円 763万円 807万円
(平均年齢) 44.2歳 44.5歳 44.5歳 44.7歳 44.6歳
五洋建設
2016年度
792万円
(平均年齢43.4歳)
2015年度
760万円
(平均年齢43.5歳)
2014年度
740万円
(平均年齢43.3歳)
2013年度
723万円
(平均年齢43.1歳)
2012年度
726万円
(平均年齢42.6歳)

すべて表示▼

準大手ゼネコン13社
2016年度
807万円
(平均年齢44.6歳)
2015年度
763万円
(平均年齢44.7歳)
2014年度
716万円
(平均年齢44.5歳)
2013年度
672万円
(平均年齢44.5歳)
2012年度
654万円
(平均年齢44.2歳)

すべて表示▼

五洋建設の2016年度の平均年収は792万円。2014年度から増加しており、2016年度は前年度から32万円増えました。
準大手ゼネコン13社(準大手ゼネコン15社のうち年収非公表の2社を除く)の平均年収は807万円。2012~2014年度は五洋建設が上回っていたものの、2016年度は15万円下回りました。

五洋建設の売上データ

売上高の推移

五洋建設の売上高の推移

売上高の推移

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
五洋建設 3498億円 3812億円 4262億円 4916億円 5003億円
準大手ゼネコン14社 2700億円 3014億円 3144億円 3473億円 3428億円
五洋建設
2016年度
5003億円
2015年度
4916億円
2014年度
4262億円
2013年度
3812億円
2012年度
3498億円

すべて表示▼

準大手ゼネコン14社
2016年度
3428億円
2015年度
3473億円
2014年度
3144億円
2013年度
3014億円
2012年度
2700億円

すべて表示▼

経常利益の推移

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
五洋建設 66億円 92億円 114億円 194億円 237億円
準大手ゼネコン14社 △5億円 72億円 122億円 199億円 250億円
五洋建設
2016年度
237億円
2015年度
194億円
2014年度
114億円
2013年度
92億円
2012年度
66億円

すべて表示▼

準大手ゼネコン14社
2016年度
250億円
2015年度
199億円
2014年度
122億円
2013年度
72億円
2012年度
△5億円

すべて表示▼

五洋建設の2016年度の売上高は5003億円で前年度比1.8%増となりました。営業利益は243億円で17.7%増、経常利益は237億円で22.2%増、純利益は153億円で95.6%増でした。

過去5年間の推移をみると、連続して増収増益となっています。建設事業で順調に工事が進み売上高が増加したのに加え、工事収支が改善したことから売上総利益が増加(前年度比13.6%増)。純利益は3年連続で最高記録を更新しています。
2017~2019年度の中期経営計画では、臨海部の土木・建築事業を国内・海外ともにバランスよく強化していく方針で、2019年度の売上高5800億円、純利益170億円を目標としています。

売上高の内訳

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
国内土木事業 1248億円 1409億円 1471億円 1502億円 1549億円
国内建築事業 1115億円 1278億円 1308億円 1654億円 1499億円
海外建設事業 1056億円 1046億円 1385億円 1626億円 1836億円
国内開発事業 11億円 24億円 19億円 48億円 40億円
国内土木事業
2016年度
1549億円
2015年度
1502億円
2014年度
1471億円
2013年度
1409億円
2012年度
1248億円

すべて表示▼

国内建築事業
2016年度
1499億円
2015年度
1654億円
2014年度
1308億円
2013年度
1278億円
2012年度
1115億円

すべて表示▼

海外建設事業
2016年度
1836億円
2015年度
1626億円
2014年度
1385億円
2013年度
1046億円
2012年度
1056億円

すべて表示▼

国内開発事業
2016年度
40億円
2015年度
48億円
2014年度
19億円
2013年度
24億円
2012年度
11億円

すべて表示▼

2016年度の売上高の内訳は、国内土木事業が1549億円で前年度比3.1%増、国内建築事業が1499億円で9.4%減、海外建設事業が1836億円で12.9%増、国内開発事業が40億円で17.4%減でした。

2016年度は「大船渡港湾口防波堤」(岩手県大船渡市)「福山通運 東京支店」(東京都江東区)「プライムデリカ相模原第二工場」(神奈川県相模原市)などが完成しました。

五洋建設の特徴

海洋土木でトップの実績

五洋建設はマリコン(海洋土木企業)ともいわれており、海洋土木では国内のゼネコンで売上高トップ。2016年度の国内土木事業の受注高1874億円のうち、海上の受注高は1354億円(72.2%)を占めました。
特に力を入れているのは、港湾・河川・運河などの底面をさらって土砂や岩石などを取り去る浚渫(しゅんせつ)工事。国内最大の浚渫力があるポンプ式浚渫船「CASSIOPEIA V」など、さまざまな技術開発を行っています。浚渫のほかにも、海底トンネル、水産施設、物流施設の建設など臨海部での事業を幅広く展開しています。

海外の売上高はスーパーゼネコン以上

五洋建設は海外に強みがあり、2016年度の海外の完成工事高は1784億円で、スーパーゼネコン5社(大林組、鹿島建設、大成建設、清水建設、竹中工務店)と比較しても群を抜いています。
シンガポールでは、国土の約23%を占める埋立地のうち、約41%の埋立工事を五洋建設が行いました。ほかにも、総工費12億7000万ドルの「スエズ運河拡幅工事」や、5セント硬貨にデザインされている「エスプラネードシアターズ・オン・ザ・ベイ」など、数々の実績があります。
2019年度は単体で海外の営業利益を31億円(2016年度は15億円)にすることを目標にしています。

ワークライフバランス向上への取り組み

五洋建設では、年4回の土曜閉所やノー残業デーなど、ワークライフバランスを向上させるためにさまざまな取り組みをしています。2015年度の平均残業時間は41.3時間、有給休暇の取得率は34.4%でした(ともに総合職)。
2017年度以降は、週休2日(4週8休)の実現に向けて取り組んでいく方針です。

五洋建設の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 1906 しゆんせつ 1673
プレストレストコンクリート 1475 板金 978
建築一式 1878 ガラス 978
大工 978 塗装 1018
左官 978 防水 978
とび・土工・コンクリート 1324 内装仕上 1322
法面処理 1100 機械器具設置 1118
978 熱絶縁 -
屋根 1103 電気通信 -
電気 1306 造園 1064
1267 さく井 -
タイル・れんが・ブロック 978 建具 978
鋼構造物 1491 水道施設 1255
鋼橋上部 1445 消防施設 -
鉄筋 990 清掃施設 -
舗装 1379 とび・大工・コンクリート・解体 1325

業種

総合評定値(P)

土木一式
1906
プレストレストコンクリート
1475
建築一式
1878
大工
978
左官
978
とび・土工・コンクリート
1324
法面処理
1100
978
屋根
1103
電気
1306
1267
タイル・れんが・ブロック
978
鋼構造物
1491
鋼橋上部
1445
鉄筋
990
舗装
1379
しゆんせつ
1673
板金
978
ガラス
978
塗装
1018
防水
978
内装仕上
1322
機械器具設置
1118
熱絶縁
-
電気通信
-
造園
1064
さく井
-
建具
978
水道施設
1255
消防施設
-
清掃施設
-
とび・大工・コンクリート・解体
1325

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

五洋建設の基本情報

社名 五洋建設株式会社(PENTA-OCEAN CONSTRUCTION CO.,LTD.)
本社 東京都文京区後楽2-2-8
設立 1950年4月
資本金 304億4900万円(2017年3月31日現在)
上場 東証1部
従業員 2572名(連結3074名)(2017年3月31日現在)
平均年齢 43.4歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数 19.0年(2017年3月31日現在)
社名
五洋建設株式会社(PENTA-OCEAN CONSTRUCTION CO.,LTD.)
本社
東京都文京区後楽2-2-8
設立
1950年4月
資本金
304億4900万円(2017年3月31日現在)
上場
東証1部
従業員
2572名(連結3074名)(2017年3月31日現在)
平均年齢
43.4歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数
19.0年(2017年3月31日現在)

主な工事実績

東京国際空港(羽田)
竣工年月
1999年
場所
東京都大田区
東京国際空港(羽田)
神戸三宮フェリーターミナル
竣工年月
2014年
場所
兵庫県神戸市
神戸三宮フェリーターミナル
レインボーブリッジ
竣工年月
1991年
場所
東京都港区
レインボーブリッジ
カップヌードルミュージアム
竣工年月
2011年
場所
神奈川県横浜市
カップヌードルミュージアム
スエズ運河拡幅
竣工年月
1980年
場所
エジプト
その他の施工実績(一例)
  • 下関市しものせき水族館「海響館」
  • 関西国際空港2期空港島
  • 新広島市民球場
  • 箱根湯本温泉「天成園」
  • 東京臨海風力発電
  • 香港科技技術大学
  • カイタッククルーズターミナル など

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
五洋建設の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ