ブルドーザーとは

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ブルドーザー

ブルドーザー

ブルドーザーとは、土砂の掻き起こし・運搬・ならしなどの機能が備わった、整地用の建設機械。主に建設現場で用いられる。

ブルドーザーの車体には、前方にブレード(排土板)と呼ばれる板がついている。ブレードは、ブルドーザーの進行方向に土砂を押し出す役割を持っている。
ブルドーザーの中には、ブレード以外にリッパと呼ばれる爪のような装置がついているものもある。リッパは整地面に転がっている大きな石や岩を砕く役割を持つ。
ブレードもリッパもいくつか種類があり、それぞれ用途によって使い分けられる。

・ブレードの種類
ストレートドーザ、Uドーザ、アングルドーザ、パワーアングルドーザ、レーキドーザ、ツーウェイドーザ、バケットドーザなど

リッパの種類
マルチシャンクリッパ、ジャイアントリッパ、パラレルリンク、ヒンジ式リッパなど

ブルドーザーの種類
ブルドーザーには、目的に応じて特化した機能を備えた特殊な種類がいくつかある。

・ドーザーショベル
ブレードの代わりに、大きなスコップのような装置である「バケット」がついたブルドーザー。鉱石や土砂を運んだり、盛り土をつくる役割を持つ。

・トリミングドーザー
ブレードの両面に、土砂をならしたり運んだりする機能がついたブルドーザー。土砂を押すことも、バックによって引き寄せることもできる。

・水陸両用ブルドーザー、水中ブルドーザー
浅瀬や海底でも作業を行う事ができる。有人の機械ではなく、基本は遠隔操作によって動かす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる