奥村組、立体自動倉庫のラック制震技術を新開発

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 奥村組、立体自動倉庫のラック制震技術を新開発

奥村組、立体自動倉庫のラック制震技術を新開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月14日 15:00

震災時の新ソリューション
奥村組は、7月13日、物流施設や工場などの震災時対策として、高層ラックを有する立体自動倉庫のラック(荷棚)制震技術(特許出願済み)を開発したことを発表した。

これまでの震災時、倉庫内の多くのラック積み荷が落下。その復旧に多くの時間と労力が費やされたことを受け、現在、ラックの荷崩れ防止対策が課題として挙げられているという。

技術概要
この技術は、地震時の揺れを低減し、事業継続に貢献するものだ。

具体的には、立体自動倉庫に装備される自動搬送機の走路を挟んで向かい合うラックを2列1組として、一体化させる。

また、ラックの長周期化と減衰機能を加えるため、もう一方のラック脚部に制震ユニット(転がり支承・減衰装置)を取り付けた。

安定した制震効果を発揮
同社は、巨大地震を想定した振動実験を、様々な条件下を想定して実施。この技術を適用しない場合と比較したところ、ラックの揺れを最大で約1/4に低減できることが認められたという。

この技術は、新設、既存を問わず、立体自動倉庫だけでなく一般のラック倉庫にも対応可能なのがメリット。同社は今後、震災時の事業継続への新しい解決策として、幅広く提案していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

奥村組 プレスリリース
http://www.okumuragumi.co.jp/news/2016/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る