人が動かせるようになった「3D工事イラストワークス Ver.1.5」、メガソフトより発売

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 人が動かせるようになった「3D工事イラストワークス Ver.1.5」、メガソフトより発売

人が動かせるようになった「3D工事イラストワークス Ver.1.5」、メガソフトより発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月10日 04:15

各方面で高評価の土木・建設用イラスト作成ツールを改良
大阪府大阪市のメガソフト株式会社は、土木・建設用イラスト作成ツール「3D工事イラストワークス Ver.1.5」の販売を7月5日より開始した。

これは2015年7月に販売を開始した、部材や重機などの3D素材を並べて工事現場のイメージイラストを描ける3DCGソフト「3D工事イラストワークス」を改良したもの。

同ソフトには、実物サイズに合わせて作られた道路やビルをはじめ、土砂や足場などの部材、アームやバケットを動かすことのできる重機といった各種3D素材が収録されている。

メガソフトによると、同ソフトは工事現場の再現図を簡単に描ける点が評価されており、小規模な道路工事業者を皮切りに復興工事業者や解体業者、設備工事業者等で導入例が徐々に増加。さらには大手ゼネコンからの問い合わせも増えつつあるという。

「動く人物パーツ」を86体収録、無償アップデータも
こうした中で同社の元には、詳細な施工の場面図を作成する観点などから、重機だけでなく人も動かしたいとの意見が寄せられていた。

今回の改良はこうした意見を受けて行われたもので、新たに人物素材の「動く人物パーツ」を86体収録。自在にポーズを作ることができるこの素材により、より多様な工事現場のシーンを再現することが可能となった。

「3D工事イラストワークス Ver.1.5」の対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPで、パッケージ版は標準価格64,800円。ダウンロード版は標準価格59,400円での提供となる。

なお従来の「3D工事イラストワークス」のユーザーは、アップデータを利用することで無償にてVer.1.5を利用することができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

メガソフト株式会社による発表
http://www.megasoft.co.jp/publish/3dciv15/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る