大成建設、数時間で環境振動解析モデルが作成できるツールを開発

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 大成建設、数時間で環境振動解析モデルが作成できるツールを開発

大成建設、数時間で環境振動解析モデルが作成できるツールを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月02日 01:30

建物振動の予測評価をもっと簡単に、もっと精度よく
大成建設は5月30日、環境振動の解析モデルを効率的に作成する「T-BIM Vibration」を開発したと発表した。

BIM情報を用いたモデリングシステムで、短時間かつ高精度に建物振動を予測評価できるのが特徴。手作業による解析モデルの入力で2~3日必要だった作業が、新技術では0.5日で完了する。

屋内や屋外の車両や機械、人、モノ、風などが建物に微細な振動をもたらし、居住の快適性や室内の精密機械などに影響を及ぼすことがある。

このような可能性がある場合、振動による影響を把握するために予測評価を行う必要がある。これまでは、建物の構造部材などのデータを手作業で入力して予測を行ってきた。

プログラミングによる3D化で精度もアップ
しかし従来の技術では大規模な施設や、複雑な形状の場合、解析モデルの作成に多くの時間と手間が必要となる。

そこで大成建設が新たに開発したのが、「T-BIM Vibration」である。BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)データを利用し、建物内で発生する環境振動を予測評価するために必要な解析モデルを、自動で作成する。

解析モデルが数時間で作成できるだけでなく、解析結果が3D化して表示され各部材の形状を精密に再現するので、設計変更などにもスピーディーに対応でき、経済的な効果も期待できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設株式会社のプレスリリース
http://www.taisei.co.jp/about_us/release.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る