メガソーラー発電システムを一括受注、日立

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. メガソーラー発電システムを一括受注、日立

メガソーラー発電システムを一括受注、日立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月28日 18:00

メガソーラー発電システムを受注
株式会社日立製作所は5月26日、スパークス・グループ株式会社よりSGET宇佐メガソーラー発電所に向けて、発電出力50MWのメガソーラー発電システムの設計・調達・建設を一括で受注したと発表した。なお、2018年10月に運転開始を予定している。

日本は再生可能エネルギー固定価格買取制度を開始して以降、風力や太陽光などの再生可能エネルギーを導入するところが増えている。

SGET宇佐メガソーラー発電所は、スパークスが設立したSGETみやこメガソーラー合同会社が発電事業者となっている。

日立は、メガソーラー発電システムを構成するさまざまな機器から、発電設備の運転を監視するシステムや発電量などを計測するシステムまで幅広く手掛けている。

設計・調達、製造、据付、調整を担当
今回の受注は、日立の信頼性の高いメガソーラー発電システム全体を一括で取り纏められるプロジェクト遂行力が評価されたものだ。日立は設計・調達、製造、据付、調整を担当する。

発電所の敷地面積は約135haで、発電出力は50MW、年間予想発電電力量は一般家庭約1万5000世帯分に相当する約5万5000MWhとなる。

システムには日立の高効率パワーコンディショナーを採用。晴れの日から曇りの日まで、幅広い状況でも発電効率を大幅に向上させることができ発電状況を安定させる。


▼外部リンク

日立 ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2016/05/0526.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る