丸紅、インドネシアの「Cirebon3石炭火力IPPプロジェクト」に参画

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 丸紅、インドネシアの「Cirebon3石炭火力IPPプロジェクト」に参画

丸紅、インドネシアの「Cirebon3石炭火力IPPプロジェクト」に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月18日 21:15

4社間で覚書を締結
丸紅は、5月17日、インドネシアの「Cirebon3石炭火力IPPプロジェクト」の開発に係る覚書締結を締結したことを発表した。

今回覚書を締結したのは、韓国のKorea Midland Power Co., Ltd.をはじめ、Samtan Co., Ltd.と、インドネシアのPT. Indika Multi Energi Internasional及び丸紅の4社。今後、共同で発電所を開発していく計画だ。

プロジェクトの概要
インドネシアでは、急速な経済成長により、電力需要が旺盛だ。この電力需要に対応すべく、同国政府では、2019年までに約35GWの発電設備容量増強を目指している一方で、IPP事業における海外企業の貢献が、課題として挙げられていた。

今回4社にて遂行されるプロジェクトは、インドネシア西ジャワ州Cirebon地区にて、既存のCirebon発電所及び現在拡張工事中のCirebon2発電所の隣接地に、超々臨界圧を採用した発電設備容量1,000MWの「Cirebon3発電所」を共同で開発するもの。

丸紅とパートナー3社は、早期実現を目指し、開発を進めていく計画である。

さらなる経済成長に貢献
丸紅は、日本や海外で総計10GW以上の持ち分発電容量を保有している。

これらのノウハウと実績を活かし、今後も安定した電力供給を通じてインドネシアをはじめ、各国の経済発展に貢献していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

丸紅 プレスリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2016/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る