アルミ系廃棄物のリサイクルを実用化する検証プラント完成

更新221

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 環境プラント>
  4. アルミ系廃棄物のリサイクルを実用化する検証プラント完成

アルミ系廃棄物のリサイクルを実用化する検証プラント完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月27日 16:15

リサイクル最先端技術!アルミから水素を作るプラント
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とアルハイテックは4月22日、アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントを完成させ、稼働を開始した。

アルハイテックは、これまでリサイクルが困難といわれてきたアルミ系廃棄物からアルミを分離して水素を発生させる画期的な発電システムを独自に開発。

2014年12月からNEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」プロジェクトにおいて、アルミ系廃棄物再生プラントの実用化に向けた開発を進めていた。

このほど、朝日印刷の富山工場内に検証プラントが無事完成し、稼動を開始した。

1時間当たり約5kgの水素再生を目指す
今回完成した検証プラントは、パルパー型分離機、乾留炉、水素発生装置から構成されており、現在は1時間あたり2kgの水素を発生させることに成功している。今後は、最大で1時間当たり約5kg(燃料電池車走行距離にして約700kmの充填量に相当)に増やす予定だ。

さらに、処理の過程で取り出されるパルプや油、水酸化アルミについても、経済的に有効利用できるかについて検証するとともに、さらなる技術開発や省エネルギーの検証を進めていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、アルハイテック株式会社のプレスリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100560.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る