東邦ガス、日本初の試み 「みなとアクルス エコ・ステーション」を竣工

更新1022

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東邦ガス、日本初の試み 「みなとアクルス エコ・ステーション」を竣工

東邦ガス、日本初の試み 「みなとアクルス エコ・ステーション」を竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月21日 19:00

スマートタウンに設置
東邦ガスは、4月19日、愛知県名古屋市港区内で建設を進めていた「みなとアクルス エコ・ステーション」が完成したことを発表した。

「みなとアクルス エコ・ステーション」の概要
このステーションは、天然ガスやエルピーガスのスタンドと同時・同敷地に水素ステーションを新設するという、日本初の事例となる。

天然ガススタンドでは、大型トラックへの充填にも適した大流量に対応。また、エルピーガススタンドでは、地域のタクシーの充填拠点となり、商用水素ステーションでは、市販の燃料電池自動車への充填が可能だ。

水素については、同社初の水素集中製造設備「水素サプライセンター」から供給。都市ガスを原料に水素を製造し、オフサイト方式にてステーションへ水素を搬送するという。

なお、水素ステーションは、4月下旬より運用を開始し、同ステーション全体の本格的な運用開始は、5月上旬を目指す。

水素社会の実現に貢献
同社は、エネルギー関連分野を中心にビジネスを積極展開しており、今回のステーション建設もこのプロジェクトの一環として位置付けられている。

今後も、燃料電池自動車の普及や水素社会の実現を目指し、水素ステーションの整備、運用を推進していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東邦ガス プレスリリース
http://www.tohogas.co.jp/corporate-n/press/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る