国際新都心へ「虎ノ門ヒルズ」3棟の高層ビル建設で一気に拡大!

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. 国際新都心へ「虎ノ門ヒルズ」3棟の高層ビル建設で一気に拡大!

国際新都心へ「虎ノ門ヒルズ」3棟の高層ビル建設で一気に拡大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月15日 01:00

「虎ノ門ヒルズ」に超高層ビル出現
4月13日、森ビルは「虎ノ門ヒルズ」の隣接地に、新たに3棟の超高層ビルを建設する。これにより、日比谷線虎ノ門新駅(仮称)を含む一体的な都市づくりが加速。拡大を続ける「虎ノ門ヒルズ」は、国際水準のオフィス、住宅、ホテル、商業施設、交通インフラなど、様々な機能を備えた国際新都心グローバルビジネスセンターとなる。

2014年6月「虎ノ門ヒルズ」は誕生した。さらに、東京五輪と並行する形で、開発が急ピッチで進んでいる。そんな中、同社はグローバルプレイヤーが住み、働き、集う国際新都心グローバルビジネスセンターを目指し、今後6年間で3つの大規模プロジェクトを推進していく。
五輪を照準に急ピッチで進む国家戦略特区事業
まず、2019年度竣工を目指し「虎ノ門ヒルズ」の両側にオフィスを中心とした「(仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー」と、住宅を中心とした「(仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の2つのプロジェクトを進める。さらに、上図のように東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)と一体開発される「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」を、2022年度竣工目指し計画中。

この3棟の超高層タワーは、いずれも国家戦略特区の予定事業に指定されている。それにより、「虎ノ門ヒルズ」は区域面積7.5ヘクタール、延床面積80万平方メートルに拡大。

約30万平方メートルのオフィス、約800戸のレジデンス、約26,000平方メートルの商業店舗、約350室のホテル、約15,000平方メートルの緑地空間を備え、道路や鉄道などの交通インフラとも一体化した複合都市となる。
国際都市・東京を牽引する虎ノ門エリア
現在、虎ノ門ヒルズ周辺エリアでは、複数の再開発や建替え計画が進んでいる。また、今年12月に全線開通予定の環状2号線や地下鉄新駅、BRT等、交通インフラも整備され、その利便性は飛躍的に向上している。国内外の文化・情報の発信拠点として様々な仕掛けやイベントも予定されており、国際都市・東京を牽引していく都市となるだろう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

森ビル ニュースリリース
http://www.mori.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る