LIXIL 1日で仕上がる「玄関床タイルリフォーム工法」を開発

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. LIXIL 1日で仕上がる「玄関床タイルリフォーム工法」を開発

LIXIL 1日で仕上がる「玄関床タイルリフォーム工法」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月09日 18:15

住みながらの「1dayリフォーム」を推進
総合住生活企業の株式会社LIXILは、玄関ドアのリフォーム後に、1日で玄関の床タイルリフォームできる新工法「玄関床タイルリフォーム工法」を開発。合わせて専用の接着剤「R-QF」を2016年4月1日より販売する。

新工法により従来の工事期間を大幅に短縮。標準的な玄関まわりなら1日で施工が完了する。

同社は今後も、リーフォーム時間を短縮できる製品のラインアップを充実させ、住みながらリフォーム可能な工法の開発を推進するという。

1dayリフォームの特長
新工法は、既存のタイル上に専用接着剤「R-QF」を塗り、新しいタイルを張り付けるタイル・オン・タイル工法。玄関床タイルの張り替えをわずか1日で施工する。

また、同社のリフォーム玄関ドア「リシェントⅡ」に合わせた納まり設計により、安全なバリアフリー基準の段差5ミリメートル以下も実現。

新しく施工するタイルは、LIXILの豊富なバリエーションの外装床タイルから選択でき、リフォーム玄関ドア「リシェントⅡ」とコーディネートが可能。

同社の「デザインセレクトナビ」により、ショールームやWeb上で、簡単にドアと、床タイルのデザイン・カラーコーディネートをシミュレーションできるため、仕上がりのイメージを確認しながら選ぶことが可能だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社LIXIL プレスリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る