EVのテラモーターズ、ドローンによる土木測量サービスを開始

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. EVのテラモーターズ、ドローンによる土木測量サービスを開始

EVのテラモーターズ、ドローンによる土木測量サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月18日 01:00

新会社「テラドローン」設立
今月16日、電動バイク、三輪を手掛けるテラモーターズ(東京)が、小型無人機「ドローン」を使った土木測量サービスを始めると発表。さらに、無人航空機による空撮と解析において特許出願済みのリカノス(山形)と共同で、ドローン事業を手掛ける新会社「テラドローン」を設立した。

同社は、電動バイクで培ったリチウムイオン電池やモーター、制御などのコア技術を生かし、飛行時間が長い機体の開発を進める。リカノスは、独自で開発した撮影手法に加え、高精度な3Dデータや各種図面の作成・土量算出・その他解析技術を持っている。ドローンによる測量では、通常1~2メートル生じる誤差を5センチメートル以下に抑えられる。
初年度に10億円目標
まず、ドローンが工事現場上空から撮影した画像を元に三次元データを作成する。料金は現場の広さによるが、1現場あたり70万から100万円。地上で測量するのに比べれば作業時間は10分の1にもなり、費用は5分の1にまで抑えられる見込み。

同社はドローン本体の販売はせず、あくまでも土木測量・解析サービス事業に専念する。今月下旬にも国内で土木測量サービスを展開。将来は海外での展開も視野に入れており、初年度に10億円の売上を目指している。
海外のインフラ需要を視野に
新会社「テラドローン」と兼務の徳重徹社長は、ドローンというハードウェアよりも、ソリューションを提供するサービス、特に業務用に事業を展開していく考えを表明している。

同社は、すでに昨年より鹿島建設他4,5社から受注を獲得しているということ。年内には、インフラの点検や維持管理、農業など幅広く事業を展開していく計画。さらに、インフラ需要の伸びが顕著なアジアや欧米などにも、将来的には展開していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)
(画像はイメージです)


▼外部リンク

日本経済新聞 プレスリリース
http://www.nikkei.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る