出光興産、大分県で国内最大級の地熱バイナリー発電所建設に着手

更新1214

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 出光興産、大分県で国内最大級の地熱バイナリー発電所建設に着手

出光興産、大分県で国内最大級の地熱バイナリー発電所建設に着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月03日 06:00

国内最大級のバイナリー発電所を設置
出光興産は、3月1日、100%子会社である出光大分地熱 滝上事業所において、「滝上バイナリー発電所」の建設を開始したことを発表した。

なお、バイナリー発電とは、低沸点媒体を用いることで、低温の蒸気、熱水での発電を可能にする発電方式のことである。

「滝上バイナリー発電所」の概要
「滝上バイナリー発電所」は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用し、地熱発電事業を行う、国内で最大級のバイナリー発電所だ。

発電容量は、出力5,050kW、年間発電規模は、3,100万kWhを見込み、運転開始は、2017年3月を目指す計画である。

国産の再生可能エネルギーを供給
同事業所は、1996年に操業を開始した「九州電力 滝上発電所」向けに、発電用蒸気を供給。約19年間にわたり、国内トップクラスの高い設備利用率を維持しており、現在では、2万7,500kWへの出力増強にも対応しているという。

なお、今回設置する「滝上バイナリー発電所」も、同事業所敷地内に建設を開始。

同社は、日本におけるエネルギー源多様化を背景に、今後も、地熱のみならず、国産の再生可能エネルギーによる電力供給拡大を目指す方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

出光興産 ニュースリリース
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2015/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る