NEDOなど、光害のない壁面設置型の太陽光発電システムを開発

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NEDOなど、光害のない壁面設置型の太陽光発電システムを開発

NEDOなど、光害のない壁面設置型の太陽光発電システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月28日 05:00

光の反射を分散させ、光害を防止
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月25日、カネカと共同で研究を進めてきた「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」において、壁面設置型の太陽光発電システムを開発し、実証試験を開始したと発表した。

「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」はZEBの実用化に向けた研究事業。ZEBを実現するためには建物の屋上だけでなく、壁面にも太陽光発電システムを導入し、エネルギー自給率を高めることがポイントとなる。

しかし建物壁面への設置を妨げているのが、太陽電池モジュールに太陽光が反射して発生する光害被害である。

モジュール内に光を閉じ込め発電効率もアップ
新たに開発された太陽光発電システムは、光害課題の解決のために、防眩機能を施した低反射タイプ。

太陽電池モジュール表面を凹凸構造にして光の正反射を抑えるとともに、太陽電池モジュール内に光を閉じ込める技術によって発電効率も高めた。また、多彩な色をつけることも可能で、さまざまなデザインに対応する。

太陽光発電システムの実証試験では、低反射モジュールに光を閉じ込める技術によって、年間発電量がどの程度向上するかなどを検証し、壁面設置型の太陽光発電システムの実用化に向けた検討などを行う予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構のプレスリリース
http://www.nedo.go.jp/press.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る