川崎重工、福岡市東部水処理センター送風機設備更新工事を受注

更新327

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 川崎重工、福岡市東部水処理センター送風機設備更新工事を受注

川崎重工、福岡市東部水処理センター送風機設備更新工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月19日 22:00

高効率な送風機設備
川崎重工業は、1月18日、福岡市東部水処理センター送風機設備更新工事として、「川崎MAGターボ」最大機種MAG-M35型4台の供給および据え付け工事を受注したことを発表した。

これまで、同センターでは、送風機設備一式を屋内に設置していた。しかし、今回、その設備一式を屋外へ設置することで、敷地内スペースの有効活用と建設コストの低減を目指すとされる。

「川崎MAGターボ」の概要
今回受注した「川崎MAGターボ」は、下水処理施設において微生物の働きで汚水を再生させる生物反応槽へ空気を供給する下水曝気ブロワ(送風機)で、運転開始は、2017年3月を予定している。

下水曝気ブロワのメリットは、ブロワ本体と制御盤が分離可能なうえ、設置スペースの自由度が高いこと、また、高効率で省エネルギーに貢献することが挙げられ、日本各地の下水処理施設老朽化に伴う更新工事に広く採用。同社の「川崎MAGターボ」受注件数は、既に120台を超えた。

さらなる進化を
川崎重工業は、高効率および優れたメンテナンス性を有する「川崎MAGターボ」の納入を、2007年より開始。

同社は、今後も、さらなる省エネルギー化とCO2削減を目指し、「川崎MAGターボ」のアップグレードに取り組む方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

川崎重工業 プレスリリース
http://www.khi.co.jp/news/detail/20160118_1.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る