ZEB化計画・評価ツール「T-ZEBシミュレーター」を開発

更新524

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. ZEB化計画・評価ツール「T-ZEBシミュレーター」を開発

ZEB化計画・評価ツール「T-ZEBシミュレーター」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月16日 04:00

ZEBレベルの提案
大成建設株式会社は1月13日、ZEB化計画・評価ツール「T-ZEBシミュレーター」にコストスタディ機能を付けた。ツールを適用することによって、全国各地の立地条件に応じ様々なパターンで計画建物のZEBを実現するための検討を行うことができる。客先のニーズや、予算に応じたZEBレベルの提案を行うことができる。

「T-ZEBシミュレーター」は『ZEB』実証棟(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)で集積した実証データを解析に、フィードバックさせることにより「創エネルギー技術」と「省エネルギー技術」をパターンで検討することができる。

費用対効果の試算が可能
ZEB化の計画・評価や年間エネルギー収支を、正確に短時間で行うことができるツールだ。コストスタディ機能の付加によって、費用対効果の試算が可能となる。

経済産業省が公表した定義を踏まえて、ZEBレベルに応じた計画建物・設備のイニシャルコスト、ランニングコストの費用対効果も含めて試算することができる。

寒冷地・温暖地域等の立地の違いを考慮した「創エネルギー技術」、「省エネルギー技術」の導入に係る費用対効果を試算することが可能だ。

大成建設は経済産業省がZEBの定義を公開したことにより、ZEB化を目指した新築・既存の建物の計画が都市部を含め全国で加速されると考えている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設株式会社 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2016/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る