名古屋製作所にFA機器の開発・設計棟「第二FA開発センター」を建設、三菱電機

更新327

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 名古屋製作所にFA機器の開発・設計棟「第二FA開発センター」を建設、三菱電機

名古屋製作所にFA機器の開発・設計棟「第二FA開発センター」を建設、三菱電機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月09日 16:00

開発・設計棟「第二FA開発センター」
三菱電機株式会社は1月8日、名古屋製作所にFA(ファクトリーオートメーション)機器の開発・設計棟「第二FA開発センター」を建設すると発表した。

製造業ではIoT(Internet of Things)を活用した生産性・品質の取り組みが進んでいる。そのため三菱電機は名古屋製作所内に新たに第二FA開発センターを建設し、次世代のものづくりを実現する統合ソリューション「e-F@ctory」の開発・設計環境を整備する。

「e-F@ctory」
それによってシーケンサや表示器、サーボ、インバーターなどFA機器の製品力強化およびe-F@ctory Allianceにおいてパートナー製品も含めた連携強化を図っていく。

また今後は顧客とFA機器の動作検証や、製品開発を検討する共同開発ルームを開設し、生産性・収益性向上にむけた課題解決に取り組んでいく。

投資額は約100億円で2017年6月から順次稼働。FAシステム事業の規模拡大に対応した開発・設計環境の整備を進めていく。

FA開発センターの概要
建築面積:約4,400平方メートル
構造:鉄骨造、地上7階建
主な建物用途:FA機器の開発・設計・評価、顧客との共同開発ルーム
環境・省エネ対策:太陽光発電システム、LED照明、「e-F@ctory」を導入したエネルギー管理システム
(ニュースリリースより引用)


(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

三菱電機株式会社 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2016/0108

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る