北海道電力など、南早来変電所大型蓄電システムの実証試験を開始

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 北海道電力など、南早来変電所大型蓄電システムの実証試験を開始

北海道電力など、南早来変電所大型蓄電システムの実証試験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月29日 00:15

大型蓄電システム緊急実証事業で
北海道電力は、12月25日、住友電気工業と共同で進めてきた、北電南早来変電所における大型蓄電システムの設置工事が完了し、実証試験を開始したことを発表した。

両社は、経済産業省が一般社団法人新エネルギー導入促進協議会を通じて募集した「平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業」に採択。平成25年7月に事業をスタートした。

実証試験の概要
実証設備の蓄電容量は、定格出力1万5,000kW、容量6万kWh。レドックスフロー電池としては世界最大級の規模だ。

この大型蓄電システムと、これまで火力発電や水力発電が担ってきた周波数調整機能とを組み合わせることで、周波数調整力に与える効果を検証する。

また、風力発電や太陽光発電の出力予測等に基づいて、大型蓄電システムを効果的に運転。再生可能エネルギーの出力増加とともに発生する余剰電力を減少させる効果を評価するという。

再生可能エネルギーの更なる導入を推進
実証期間は、今後3カ年程度の予定で、平成31年3月を目途に両社のもつ技術を結集しながら実施される計画だ。

両社は、再生可能エネルギーの更なる導入拡大に向け、風力発電や太陽光発電の出力変動に対する新たな調整力としての性能実証、および最適な制御技術の開発等に取り組んでいく方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

北海道電力 プレスリリース
http://www.hepco.co.jp/info/2015/1197871_1643.html

住友電気工業 プレスリリース
http://www.sei.co.jp/company/press/2015/12/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る