セキスイハイム 木の家『グランツーユー f(エフ)』 を発売

更新329

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. セキスイハイム 木の家『グランツーユー f(エフ)』 を発売

セキスイハイム 木の家『グランツーユー f(エフ)』 を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月22日 13:00

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に低価格化で貢献
積水化学工業株式会社・住宅カンパニーは、セキスイハイムの木質系住宅『グランツーユー f(エフ)』を、セキスイハイム45周年記念商品の第一弾として、2016年1月23日(土)より北海道および沖縄を除く全国で発売する。

新商品は、国が2020年に実現を目指すZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に不可欠な課題でもある低価格化を目指している。

また、同社の木質系ユニット住宅「ツーユーホーム」シリーズは、高い工場生産化率を特長とし、来年で発売35年目。

主軸商品である2×6ユニット工法の「グランツーユー」は、標準仕様で省エネ基準の地域区分でも厳しい青森・秋田・岩手のZEH基準に適合するレベルだ。

グランツーユー f(エフ)の特長
特に住宅購入者のおよそ半数を占める30歳代が容易に取得できるように、販売と建築工程全ての効率化を図った。新工法では工場作業の比重を増やし、ZEH基準を満たしつつ、現地施工工数を20パーセント削減。コストダウンを実現した。

具体的には、壁・床パネル等の基本構造部分の設計を見直し、ユニット構造の躯体精度を大きく向上させるとともに、床と壁等の接合部には、新たなオリジナル専用金物を活用した強固なジョイントシステムを導入。

ユニット単体の剛性を高め、一部の内外装設備において、仕上げ工事の工場内工程への取り込みを可能にした。

また、若い世代が好みに合わせて選択、組み合わせることで自分らしい家づくりができるように、プラン・仕様検討がしやすい「セレクトオーダーシステム」を採用。

あらかじめプロのデザイナーが、様々なスタイルごとにコーディネートした外装や内装部材のパッケージを用意。一般的な注文住宅に比べ、プランやインテリア等の打ち合わせにかかる工数も削減。価格に反映することでコストパフォーマンスを高めている。

さらに、30歳代家族のニーズに対応し「プラン提案」と「デザイン性」を強化。顧客視点のマーケティングから厳選した延べ床面積が30~40坪の122プランが用意される。

例えば、共働き世帯や生活時間がすれ違いがちな「時差家族」など、子育て世代特有の多忙な生活に向けた提案を随所に取り入れた。

また、デザイン面では「木の家」の風合いを感じさせ、自然な素材感を演出する新たな外装材を用意。温かみがあり、自然と街並みに調和する多彩な外観表現も可能とした。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

積水化学工業株式会社 プレスリリース
http://www.sekisui.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る