トプコン、現場作業を一元管理する「革新的ソフト」をリリース

更新720

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. トプコン、現場作業を一元管理する「革新的ソフト」をリリース

トプコン、現場作業を一元管理する「革新的ソフト」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月20日 14:30

リアルタイムで現場作業を管理
トプコンは、12月16日、現場と事務所を連動させる革新的ソフト「MAGNET(TM)」ファミリーを、国内で運用開始することを発表した。

「MAGNET(TM)」ファミリーは、クラウドベースでデータ管理、共有するウェブアプリケーション「MAGNET(TM)Enterprise」と、現場での観測用アプリケーション「MAGNET(TM)Field」による「トータルソフトウェアソリューション」。複雑な現場作業の一元管理に欠かせない製品だ。

「MAGNET(TM)」ファミリーの特長
「MAGNET(TM)Enterprise」は、現場と事務所をつなぐデータサーバー。現場と事務所でリアルタイムにデータを共有できるうえ、各現場作業の計画、スケジュールやコスト、保有機器の稼働状況を管理することが可能だ。

また、「MAGNET(TM)Field」は、現場で使用する観測用アプリケーション。測量から土木施工まで様々な作業分野に対応し、グラフィック表示や、作業画面の背景にマップを表示できるため、直感的に作業をすることができる。

そのうえ、現場から「MAGNET(TM)Enterprise」へ直接アクセス可能。タイムリーなデータ共有を実現したという。

建築業界もICTの活用を推進
現在、日本の建築業界では、国土交通省による推奨に伴い、BIM(Building Information Modeling)が普及し始めるなど、ICTの活用が進むとともに、業務プロセスの効率化が求められている。

なお、トプコンでは、今回日本国内で「MAGNET(TM)」ファミリーの運用を開始することにより、現場と事務所の円滑な連携が実現可能になると期待を寄せている。


▼外部リンク

トプコン ニュースリリース
http://www.topcon.co.jp/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る