IHI、石炭焚火力発電所でバイオマス混焼率25%(熱量比率)に成功

更新221

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. IHI、石炭焚火力発電所でバイオマス混焼率25%(熱量比率)に成功

IHI、石炭焚火力発電所でバイオマス混焼率25%(熱量比率)に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月05日 21:45

環境省の委託事業で
IHIは、12月2日、岩手県釜石市の新日鐵住金 釜石製鐵所内エネルギー工場内の石炭焚き汽力発電(出力149MW)で、純国産木質ペレット燃料を用いることによる熱量比率25%・重量比33%のバイオマス混焼による安定運転を11月に達成したことを発表した。

なお、このプロジェクトは、環境省からの委託事業として、2013~2015年度の予定で行っていた。新日鐵住金 釜石製鐵所をはじめ、国内木材関係者などの協力・支援のもと成功したとされる。

期待の燃焼方式
今回の実証試験では、国内最大級のバイオマス発電出力(36MW)を高効率で達成した。

燃焼方式は、既存の発電設備に小規模な改造を加えるだけ。現状数%程度に留まっているバイオマス混焼率を格段に引き上げることが可能なうえ、混焼比率を50%以上としてCO2排出原単位半減することも可能だという。

なお、同社は、今後、この実証結果を活かした実機設計を進め、2017年度の商用運転開始を目指す計画だ。

バイオマスに注目
環境負荷低減の実現を目指すことを目的に、石炭火力発電における石炭の代替燃料として、再生可能かつ、生物由来の有機性資源で化石資源を除いた「バイオマス」が国内外で注目されている。

同社は今後も引き続き、石炭火力発電所における木質バイオマス高比率混焼に関する取り組みをはじめ、発電設備の更なる高効率化に努めることで、地球環境およびエネルギー問題の課題解決へ貢献していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

IHI プレスリリース
http://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2015/press/

新日鐵住金 ホームページ
http://www.nssmc.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る