三菱電機、神戸市と連携し「水・インフラ事業」の海外展開を加速

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 三菱電機、神戸市と連携し「水・インフラ事業」の海外展開を加速

三菱電機、神戸市と連携し「水・インフラ事業」の海外展開を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月04日 11:30

官民連携で海外のインフラ整備
三菱電機は、12月1日、神戸市と「水・インフラ事業の海外展開等に関する相互協力協定」を締結したことを発表した。

アジア諸国では、社会インフラ整備の需要が増加する一方で、整備の経験等の不足により、日本の上下水道整備・運営の経験・ノウハウ、高い技術力に大きな期待が寄せられているという。

締結の概要
三菱電機は、会社を神戸市に創立して以来、社会インフラ事業に取り組んでおり、2014年には、シンガポールに社会インフラ事業の販売エンジニアリング部門を設置。

一方、神戸市は、上下水道の建設整備・運営の豊富な経験やノウハウを有するだけでなく、国際貢献の新たな取り組みとして、海外展開を目指す地元企業等に対して積極的なサポートを行っている。

なお、今回の締結により、両者は、主に、水・インフラ事業に関する事業計画、施設整備、維持管理、事業運営をはじめ、情報の収集、整理、提供及び広報活動などの相互協力を、円滑に進めることが可能となった。

水事業で国際貢献
三菱電機は、神戸市と連携を図ることで、上下水道プラント監視制御システム・受変電設備等の水・インフラ整備事業の海外展開をさらに加速していきたい考えだ。

同社は、今後、アジア諸国での安定給水・水質改善などの水環境に関する課題解決に向け、貢献していく方針である。


▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2015/

神戸市 ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る