大阪ガス、世界最大級のLNGタンクが完成

更新323

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 大阪ガス、世界最大級のLNGタンクが完成

大阪ガス、世界最大級のLNGタンクが完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月02日 20:45

新LNGタンクが本格稼働
大阪ガスは、12月1日、「泉北製造所第一工場5号LNGタンク」の運用を開始したことを発表した。

なお、同タンクの建設工事は、2012年9月より開始。今年11月に工事が完了したという。

「泉北製造所第一工場5号LNGタンク」の概要
同タンクは、大阪府堺市の泉北第一工場内に設置。容量は、地上式としては世界最大級の23万立方メートルを有する大型タンクだ。

タンクの外槽にはプレストレストコンクリート(強化コンクリートの一種)壁を防液堤として密着。施工には、鉄筋の組み立て・コンクリートの打設を連続的に行う新工法、「スリップフォーム工法」を採用し、従来、9カ月を要していたコンクリート壁構築工期を20日に短縮させた。

また、タンクの内槽材料には、世界初となる「7%ニッケル鋼」を採用。これまでの鋼材と性能はそのままに、内槽材料コストの低減を実現した。

外槽頂部までの高さは、58.4メートル。全周に設置された「型枠と足場が一体となった装置」を、油圧ジャッキで上昇させていったという。

供給信頼性の向上
今回運用を開始したPCLNGタンクは、一般家庭約33万戸分の年間使用量に相当する都市ガスを貯蔵できる。

同社は、今後も地域社会の信頼に応えるとともに、クリーンで供給安定性に優れたエネルギーである、天然ガス需要の増加に適応していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大阪ガス プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/company/press/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る