ネクストエナジー、中古パネルで新しいビジネスチャンス獲得を目指す 

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ネクストエナジー、中古パネルで新しいビジネスチャンス獲得を目指す 

ネクストエナジー、中古パネルで新しいビジネスチャンス獲得を目指す 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月24日 16:30

中古パネルの有効性を実証
ネクストエナジー・アンド・リソースは、11月20日、中古パネルだけを使用した自社太陽光発電所を建設すること、また、2018年までの目標として、国内に累計5MW設置を目指すことを発表した。

なお、年内、長野県駒ヶ根市内において、300kWの発電所の建設開始も計画しているという。

技術的な裏付けに
新建設される自社太陽光発電所では、中古パネルの実証試験を行うとともに、太陽光発電所の延命化と、よりよい発電単価を目指す。

具体的には、現段階では確立されていない中古パネルの信頼性(耐用年数・発電実績等)を実証。また、同社自身の運転管理や保守点検サービスおよび評価・検査等の技術を更に蓄積することで、社会インフラの重要な役割を担いたい考えだ。

中古パネルリユース事業を推進
同社は、2005年に中古パネルリユース事業を開始。これまで数万枚を超える中古パネルの検査・評価実績を保有する「国内先駆者」として位置付けられている。

同社は、今後も中古パネルの積極的な買い取りを継続するとともに、安心で安全な製品の提供、保証等を含めた品質の向上に取り組む方針だ。


▼外部リンク

ネクストエナジー・アンド・リソース プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/82017

ネクストエナジー・アンド・リソース ホームページ
http://nextenergy.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る