きれい除菌水を搭載した「自動洗浄小便器 超節水タイプ」を新発売、TOTO

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. きれい除菌水を搭載した「自動洗浄小便器 超節水タイプ」を新発売、TOTO

きれい除菌水を搭載した「自動洗浄小便器 超節水タイプ」を新発売、TOTO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月09日 22:00

超節水の自動洗浄小便器を開発
TOTO株式会社は超節水を実現した「自動洗浄小便器 超節水タイプ」を10月29日より販売開始する。

TOTOが行った小便器についてのアンケートでは「節水」のニーズが最も強く、次いで「尿石抑制・簡易除去」であるということがわかった。

その声に応えるため2015年4月に発売した「自動洗浄小便器 節水タイプ(壁掛型)」は「節水トラップ」と「インターバル排水管洗浄」によって平均洗浄水量1.2Lを達成。今回「きれい除菌水」を搭載したことによって、平均洗浄水量0.8Lの超節水を実現することができた。

使用されない時間を自動判断
またウォシュレット関連商品の一部に採用している「きれい除菌水」を、今回初めて小便器に搭載した。夜間など長時間使用されていない時間帯を自動で判断することができるようになっており、定期的に「きれい除菌水」にて除菌する。

それによってトラップ内の汚れを抑えることができ、使用後の洗浄水量を少なくすることが可能。押しボタン式フラッシュバルブ(4L)と比較すると約8割節水することができる。

壁掛型と床置型の2タイプをそろえているが、、壁掛型には掃除口付きを品揃えし、便器を取り外すことなく、排水管の掃除ができる。床置型は取り替えの際に、給水位置・排水位置の変更を行う必要がないため、リモデルに最適だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

TOTO株式会社 ニュースリリース
http://www.toto.co.jp/company/press/2015/10/05_2

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る