旧耐震基準マンションの補強に有効な「Tボーン耐震改修工法」

更新1215

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 旧耐震基準マンションの補強に有効な「Tボーン耐震改修工法」

旧耐震基準マンションの補強に有効な「Tボーン耐震改修工法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月18日 18:00

バルコニー外壁に補強フレームを外付け
三井住友建設は9月17日、「Tボーン耐震改修工法」を用いた耐震補強工事が完成したと発表した。

工事が完成したのは、1980年竣工の東京都港区にある旧耐震基準マンション。

「Tボーン耐震改修工法」は、鉄骨造T字形補強フレーム(Tボーン補強フレーム)をマンションのバルコニー外壁面に外付することで、耐震性能を高める工法である。補強フレームを建物と一体化させることで、地震時のエネルギー吸収効果を高めた。

低コスト、高効率で行える耐震補強工事
バルコニー側から作業するため住民の居住を妨げずに補強工事が可能で、工期が短く、低コストでの施工が可能。居住空間に手を加えないので、これまで通りに快適に暮らせるのも特徴だ。

外観を損ねないように、部材の形態にも配慮した。建物外側に部材が突き出さないので、工事後の外観に変化が少なく、建物周囲の空地が狭くなる心配もない。

「Tボーン耐震改修工法」が適用できるのは、旧耐震基準マンションの約3割を占める「耐震指標Is値0.5以上」の建物。確認申請など法的手続きが不要なので着工時の煩雑さが少なく、導入ハードルが低いという利点がある。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

三井住友建設株式会社のニュースリリース
http://www.smcon.co.jp/2015/091715824/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る