LIXIL、工場跡地を利用した4.87MWのメガソーラーを開発

更新923

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. LIXIL、工場跡地を利用した4.87MWのメガソーラーを開発

LIXIL、工場跡地を利用した4.87MWのメガソーラーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月01日 03:00

京都府綾部市に4件目のメガソーラーを開発
LIXILは2014年11月から京都府綾部市で開発を進めていたメガソーラー発電施設「LIXIL綾部SOLAR POWER」を竣工し、9月より営業運転を開始する。

LIXILの綾部工場跡地、約6万5,166平米を活用したもので、設計施工は日本コムシスが担当した。

LIXILはこれまでも熊本県のLIXIL有明工場、茨城県のLIXIL岩井工場、福島県のLIXIL須賀川工場にて太陽光発電施設を稼働させており、今回の「LIXIL綾部SOLAR POWER」は4件目の太陽光発電施設となる。

最大出力は約4.87メガワット
「LIXIL綾部SOLAR POWER」の最大出力は、約4.87メガワット。想定年間発電量は一般家庭約900所帯分の年間電力消費量に相当する、約4,600メガワット時。

ソーラーパネルの架台には、LIXIL製のアルミソーラー架台「ソーラーベースプロ(前柱タイプ)」を採用した。

アルミ材を用いることにより、従来の鉄製架台に比べて約1/3の軽量を実現。施工効率が向上し、短期間で工事を完成させた。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

株式会社LIXILのニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2015/060

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る