双日、中南米ペルーで初のメガソーラー事業に参画

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 双日、中南米ペルーで初のメガソーラー事業に参画

双日、中南米ペルーで初のメガソーラー事業に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月20日 05:00

ペルーで大規模太陽光発電所を運営
双日は、8月17日、双日米国が、スペインの大手企業グループであるイソラックスグループ傘下のティーソーラー社が、ペルーで保有、運営する「マヘス太陽光発電所」、「レパルティシオン太陽光発電所」の各々の持ち分49%を取得したことを発表した。

同国の経済成長率は、中南米トップレベル。再生可能エネルギーの導入についても、中南米諸国の中で、法的枠組みの整備を含め、群を抜いているという。

プロジェクトの概要
今回双日米国が参画する2件の太陽光発電所は、ペルー最南端部アキレパ市内の高日照地帯に位置。

同国における最初のメガソーラープロジェクト(2件の合計出力44.328メガワット)として2012年7月1日に操業を開始し、太陽光発電事業としては中南米で初めて、全国規模の送電網への接続・電力供給を実現した。

なお、このプロジェクトでは、20年間、固定価格での電力買い取りが保証されている。

地域社会に貢献
双日米国は、今回の出資参画をきっかけに、イソラックスグループとの電力・インフラ事業の更なる協業に向けて関係強化を図りたい意向だ。

また、今後も、持続可能な社会の構築を目指し、メガソーラーを含めた再生可能エネルギーの拡大に積極的に取り組み、地域社会、そして世界の国々の発展に貢献していく方針である。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

双日 ニュースリリース
http://www.sojitz.com/jp/news/2015/08/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る