高温超電導直流送電システムにて500mの直流超電導送電試験に成功したと発表

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 高温超電導直流送電システムにて500mの直流超電導送電試験に成功したと発表

高温超電導直流送電システムにて500mの直流超電導送電試験に成功したと発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月12日 18:00

高温超電導直流送電システム
石狩超電導・直流送電システム技術研究組合は8月6日、北海道石狩市石狩湾新港地域に設置した高温超電導直流送電システムにおいて500mの超電導送電試験に成功したと発表した。

なお超電導直流送電では世界最長級の送電距離となり、9月にデータセンターへの送電試験を開始する予定となっている。

超電導送電は極低温にすると電気抵抗がゼロとなる送電のことだ。これによって送電ロスの低減や、送電容量を増大することが可能だ。

次世代送電システムの実用化を目指す
近年では絶対ゼロ度付近の極低温ではなく、液体窒素温度の比較的高温で超電導となる材料の開発が進んでおり研究開発が世界的に進められている。

今回の事業では高温超電導直流送電システムを試作し、データセンターに対して送電を実際に行うことによってわかった課題を抽出し、次世代送電システムの実用化を目指すというものだ。

今回の試験で超電導送電の実用化についてわかったことは、まず5kA、100MVAの送電能力を確認したということがある。これは約3万世帯分の電力に相当するものだ。

また国内で例のない超電導ケーブルの公道への埋設による布設を実現することができた。

そして新たな配管構造を採用することによって、送電路の熱損失を低減し従来の約1/2を達成し、液体窒素循環の損失を従来の約1/4とした。


▼外部リンク

千代田化工建設株式会社 ニュースリリース
http://www.chiyoda-corp.com/news/150806.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る