オリックス、大阪府の工業団地に大型物流施設を竣工

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. オリックス、大阪府の工業団地に大型物流施設を竣工

オリックス、大阪府の工業団地に大型物流施設を竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月01日 19:30

床面積約2万平米の、大型物流施設
7月31日、オリックスが大阪府枚方市に開発中のBTS型物流施設「枚方ロジスティクスセンター」が竣工した。

敷地面積は約1万629平米、延床面積は約2万398万平米。鉄骨造5階建の施設(倉庫部分4層)で、床荷重は1平米あたり1.5トン、梁下有効高は5.5メートルの大型物流拠点が完成した。オーティーティーロジスティクスとの間で、賃貸契約が交わされている。

京阪地域の配送拠点として希少価値の高い立地
「枚方ロジスティクスセンター」は、第二京阪道路「枚方東」インターチェンジ、「枚方学研」インターチェンジから約3キロ、JR片町線「長尾」駅より約1.5キロ、京阪本線「枚方市」駅から約5.5キロの工業団地内に立地する。

京阪間の主要幹線道路である国道1号線からも約3キロの近さで大阪・京都圏の配送に至便であるうえ、関西圏内陸部はBCPの観点からも需要が高い。

オリックスグループは2003年より特定企業向けの物流施設開発事業を開始し、近年では汎用性の高いマルチテナント型物流施設を中心に開発を行いっている。今後も、マーケットニーズを重視した物流施設の開発事業を進めていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

オリックス株式会社のニュースリリース
http://www.orix.co.jp/grp/news/2015/150731_ORIXJ.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る