キャタピラージャパン、性能抜群のディーゼルエレクトリックブルドーザ2種を新発売

更新1215

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. キャタピラージャパン、性能抜群のディーゼルエレクトリックブルドーザ2種を新発売

キャタピラージャパン、性能抜群のディーゼルエレクトリックブルドーザ2種を新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月24日 01:30

2種のブルドーザを新発売
キャタピラージャパンは、土木、造成工事等において高い能力を発揮する「Cat D7Eブルドーザ」を7月21日より発売開始した。

なお、今回発売するのは、2種のブルドーザ。2万8,050キログラムの運転質量を有する乾地車と、2万8,400キログラムの湿地車だ。

新製品の概要
今回発売したCat D7Eブルドーザは、先進の排出ガスクリーン化技術により、最新の排出ガス規制である「オフロード法2014年基準」をクリアする環境性能を備えている。

ディーゼルエンジン、発電制御装置等の連携機能により、優れた作業効率と押し土性能を発揮。また、アイドリング状態が続くと自動的にエンジンが停止する仕組みのため、燃費やCO2排出量を低く抑えることが可能だ。

さらに、トラクションコントロールシステムやセンサを搭載。トラックスリップを低減するうえ、より少ない労力での整地作業を行うことができるという。

顧客の成功を支援
キャタピラージャパンは、現場におけるブルドーザの作業能力だけでなく、メンテナンス作業時の安全性も確保。あらゆる面で顧客の成功をサポートしている。

なお、価格は、乾地車が5,727万円、湿地車が5,821万円(いずれも税抜き)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キャタピラージャパン プレスリリース(日経プレスリリース)
http://release.nikkei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る