アマゾンがネットリフォームに参入

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. アマゾンがネットリフォームに参入

アマゾンがネットリフォームに参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月02日 04:00

品揃えは、積水ハウスなど大手
アマゾン ジャパン株式会社は、運営する総合オンラインストアAmazon.co.jpに「リフォームストア」を新たに開設。ストアには、積水ハウスグループの積和建設や、大和ハウスグループの大和ハウスリフォーム株式会社などが出品。

リフォームストアでは、キッチン・洗面台・トイレ・ユニットバス等、部分的なリフォームや点検診断メニューなどを「商品」として内容と価格を明示。利用者は、いままでのインターネットショッピングと同様に、サイト内でこれらを注文し、決済できるため簡単で便利だ。

但し、ネットでの購入後、現地確認後に正式な契約成立となる。条件によっては契約できない場合もあるという。

リフォームを定額パッケージ化
例えば、積水ハウスグループの積和建設18社は、キッチンやユニットバス、洗面まるごと、トイレまるごとと断熱内窓などの比較的小規模なリフォームメニューの4011品目をパッケージ化。21都府県で販売する。

リフォームは通常、商品代の他に施工内容によって異なる工事代が必要だが、今回、グループ企業の強みを活かし過去の施工実績データを活用。工事費も含めた「定額パッケージ型リフォーム」を可能にした。

また、住宅・リフォームトップ企業のスケールメリットを活かして、例えば一般的なサイズのキッチンを工事費・税込みの定額で76万9000円など、コストパフォーマンスの良い「定額パッケージ型リフォーム」を実現。

同社は、ネットリフォームビジネスへの参入で、小規模リフォームを強化。顧客との接点を増加させ、中規模、大規模リフォームへのリピート受注によるリフォーム事業拡大を目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

積水ハウス プレスリリース
http://www.sekisuihouse.co.jp/

アマゾン リフォームストア
http://www.amazon.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る