富士電機、出光大分地熱から5000kW級の地熱バイナリー発電設備を受注

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 富士電機、出光大分地熱から5000kW級の地熱バイナリー発電設備を受注

富士電機、出光大分地熱から5000kW級の地熱バイナリー発電設備を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月27日 16:30

地熱バイナリー発電設備を受注
富士電機は、5月26日、出光大分地熱より、同社滝上バイナリー発電所向け5,000kW級地熱バイナリー発電設備を受注したことを発表した。

バイナリー発電とは、ペンタンなどの沸点が低い媒体を用いる発電方式。地熱発電で利用後に地中に戻していた低温熱水を活用し、発電することができる。

受注概要
滝上バイナリー発電所は、大分県玖珠郡にある出光大分地熱の敷地内に設置される。

発電容量は、5,050kW。九州電力・滝上(地熱)発電所(発電容量、27,500kW)に供給している蒸気に付随して噴出する熱水を活用し、発電するという。

なお、富士電機は、出光大分地熱との間で、この発電設備全体の設計、調達、製作、建設を一括して受注。2017年3月の稼働開始をめざす。

地熱発電のフロントランナーとして
富士電機は、1960年以来、国内外で71台、2,787MWの地熱蒸気タービン発電設備を納入し、2010年には、地熱バイナリー発電設備の販売を開始。2,000kW、6,000kW、10,000kWの容量クラスをそろえ、顧客ニーズに応えてきた。

同社は、これまでの豊富なノウハウと実績を活かし、今後も低炭素社会の実現に貢献していくかまえだ。


▼外部リンク

富士電機 ニュースリリース
http://www.fujielectric.co.jp/about/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る