川崎重工、山陽電気鉄道向け15年ぶり新型車両「6000系」を受注

更新529

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 川崎重工、山陽電気鉄道向け15年ぶり新型車両「6000系」を受注

川崎重工、山陽電気鉄道向け15年ぶり新型車両「6000系」を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月22日 02:00

新型車両を受注
川崎重工業は、5月19日、山陽電気鉄道より新型車両「6000系」6両(3両x2編成)を受注したことを発表した。

なお、今回の受注は、2000年に納入した5030系以来、15年ぶりとなる。

車両概要
今回受注した車両は、普通車ならびに特急車併用1編成3両x2編成の、アルミニウム合金製車両だ。

外観は、山陽電気鉄道のコーポレートカラーを基調とし、側面には朝日をイメージしたオレンジグラデーションをデザイン。

また、「環境にやさしく、安全・快適な車内空間の提供」をコンセプトに、VVVFインバータ制御装置、全閉外扇型誘導電動機やフラット防止機能付きブレーキシステムを採用し、照明装置もLED化した。

さらに、車いす・ベビーカースペースを全車両へ設置し、すべての出入り口に誘導鈴とドア開閉予告灯を配置。多言語対応の液晶型案内表示器を1両に3カ所設置するなど、快適な車内空間を提供する計画である。

高い信頼性と技術力
新型車両は、神戸市の兵庫工場で製造し、2015年度内に納入される予定だ。

同社は、鉄道車両を環境負荷低減に貢献する交通手段と位置付け、今後も国内、海外でのさらなる受注をめざす。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

川崎重工業 ニュースリリース
http://www.khi.co.jp/news/detail/20150519_1.html

山陽電気鉄道 ホームページ
http://www.sanyo-railway.co.jp/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る