九電工、オリックスなど福島県相馬市にメガソーラーを建設

更新1217

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 九電工、オリックスなど福島県相馬市にメガソーラーを建設

九電工、オリックスなど福島県相馬市にメガソーラーを建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月21日 07:00

塩害地域にメガソーラーを建設
九電工、オリックス、ベルテクノエナジー、九電みらいエナジー、北斗電気設備工事は5月19日、共同で福島県相馬市にメガソーラーを建設すると発表した。

相馬市磯部地区は、東日本大震災の津波で被災した地域で、塩害で農作ができなくなったことから農地転用が認められ、今回、九電工を中心とした地元企業を含む5社でメガソーラーを建設することが決定した。

このためプロジェクトでは地域への貢献策として、発電事業で得た収益の一部を地域の農業振興のために寄附するほか、保守・メンテナンス業務の委託を通じて、地元での雇用の創出などに努める方針だ。

最大出力52.5メガワットの大規模ソーラー
新たに建設されるメガソーラーは、福島県相馬市磯部地区の敷地を活用して約19万8,000枚の太陽光パネルを設置するもの。最大出力は約52.5メガワット、年間予想発電量は一般家庭約1万6,660世帯分の年間消費電力に相当する約6,000万キロワット時を誇る。

九電工が40%、オリックスが30%、ベルテクノエナジーが19.8%、九電みらいエナジーが10%、北斗電気設備工事が0.2%を出資して「合同会社レナトス相馬ソーラーパーク」を設立し、プロジェクトを進め、2017年6月に営業運転を開始する予定だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

株式会社九電工、オリックス株式会社、株式会社ベルテクノエナジー、九電みらいエナジー株式会社、株式会社北斗電気設備工事のニュースリリース
http://www.kyudenko.co.jp/press/docs.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る