オーストラリアにて現地デベロッパーと共同事業協定を締結、大京

更新220

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. オーストラリアにて現地デベロッパーと共同事業協定を締結、大京

オーストラリアにて現地デベロッパーと共同事業協定を締結、大京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月17日 06:00

大京が現地デベロッパーと事業協定を締結
Daikyo AustraliaPty Ltdが、デベロッパーのDevine Limited(以下、ディバイン社)と、共同事業協定を締結。ブリスベンにて地下3階、地上12階建て、総戸数157戸のマンション開発事業に参画することになった。なおDaikyo AustraliaPty Ltdは、株式会社大京のオーストラリア現地法人だ。

ディバイン社は24,000戸を超える戸建てや、集合住宅の住宅開発実績を持つ上場デベロッパーである。

パートナーシップを構築
この事業では中心部までのアクセスが良好で新たな街並みも形成され、ブリスベン川や景観を楽しめる若年層に人気のNewstead(ニューステッド)地区に建設される。

そのため特に利便性を重視する投資・実需層をターゲットとしたコンパクトタイプ中心マンションだ。

大京は今後オーストラリアにて、日本国内で蓄積してきた事業経験やノウハウを活用し、ディバイン社を含む現地デベロッパーとともにパートナーシップを構築し事業を展開していく。

プロジェクト概要(予定)
プロジェクト名:「Mode」Project
敷地面積:1,917平方メートル
販売面積:10,688平方メートル
建物規模:鉄筋コンクリート造、地下3階地上12階建て
総戸数:157戸(住居)
着工:2015年4月
竣工:2016年8月(予定)
(ニュースリリースより引用)


(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

大京 ニュースリリース
http://www.daikyo.co.jp/dev/files/20150513.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る