JFEエンジニアリング、福島県汚泥乾燥施設の運転管理を開始

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JFEエンジニアリング、福島県汚泥乾燥施設の運転管理を開始

JFEエンジニアリング、福島県汚泥乾燥施設の運転管理を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月14日 23:00

運転管理を開始
JFEエンジニアリングは、5月11日、日本下水道事業団より受注し、建設を進めてきた「県北浄化センター汚泥乾燥施設建設工事」を完工し、福島県から受託した同施設の運転管理業務を4月より開始したことを明らかにした。

案件概要
「県北浄化センター汚泥乾燥施設」は、福島県伊達郡国見町大字徳江地内(県北浄化センター)に建設。処理能力は、1日あたり60トン(稼働率80%)である。
 
今回の受託業務では、放射性物質が検出されたため、容器に封入し、次の処理を行う飯館村の施設に搬出できる状態にする。

また、搬出される下水汚泥の安全性を確保するため、運転期間中一貫して汚泥の放射性物質の挙動調査を行い、放射線管理に万全を期するとともに、運転開始より施設の解体終了まで、作業環境の空間線量率等を測定し、施設と周辺の環境についても厳密な管理を行う計画だ。

なお、運転管理期間は、2015年4月~2017年3月を、また、解体・復旧期間は、2017年4月~2018年3月を予定しているという。

早期復興に貢献
JFEエンジニアリングは、これまで数多くの下水汚泥処理プラント施設の設計・建設および運転管理を手掛けてきた。

今後も豊富な知見、ノウハウをいかし、被災地の早期復興に貢献していく方針である。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング ニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る