JR東日本、東北に風力発電設備を建設

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. JR東日本、東北に風力発電設備を建設

JR東日本、東北に風力発電設備を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月09日 20:00

JR東日本、新会社を設立し風力発電事業を展開
JR東日本は4月7日、風力発電事業の新会社を設立し、「羽越本線道川・下浜間風力発電設備新設」事業を行うと発表した。

新会社の商号は「JR東日本エネルギー開発株式会社」。資本金は1億5,000万円で、JR東日本が80% 地域エネルギー開発が20%の出資を行う。事業目標として2020年までに北東北を中心に、発電規模約100メガワットの稼働を掲げた。

JR東日本の所有地に、2メガワットの風力発電施設を新設
「羽越本線道川・下浜間風力発電設備新設」事業は、JR東日本が有する日本海沿いの鉄道林用地に2メガワットの風力発電設備1基を新設するもの。設置エリアは風況にすぐれており、風力発電に適した地域であることから、建設地に採用された。

年間発電量は一般家庭約1,600世帯分の年間使用電力量に相当する、約5,800メガワット時。今秋に着工し、1年後の2016年秋に完成する予定だ。

JR東日本は、東北地方を中心に太陽光発電やバイオマス発電などの「再生可能エネルギー基地」化に取り組んできた。今後は、風力発電も事業に加え、環境にやさしいエネルギーの創出を目指すとともに、更なる地域活性化を目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリース
http://www.jreast.co.jp/press/2015/20150405.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る